部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸にでている分譲マンションを選ぶメリット

賃貸にでている分譲マンションを選ぶメリット

賃貸アパートマンションを探していると、時折目にする賃貸の分譲マンションというものがあります。
そもそも分譲マンションとは、マンションの一住戸ごとに販売しているマンションのことを言います。
購入した一住戸は購入した人の専有部分として使用でき、マンションの廊下や玄関は購入者たちが共同で使用する共用部分となります。
購入した一住戸にある壁や床、設備などは全て購入した人のものになります。
ですから、住戸内の間仕切り壁を取り壊して大きな一つの部屋にしたり、室内のクロスを張替えたりすることも購入した人の自由なのです。
では、賃貸にでている分譲マンションとは、一体どのようなものなのでしょうか。

■賃貸にでている分譲マンション
賃貸にでている分譲マンションとは、もともとは分譲販売されていた一住戸を購入したオーナーが、資産運用のためにその部屋を賃貸に出しているもののことです。
そのため、賃貸の分譲マンションには特徴があります。
まず、もともと資産運用するつもりで購入した分譲マンションのほか、自分の住居として分譲マンションを購入したけれど、転勤や長期出張のために一定期間賃貸出すというパターンもあります。
もともと資産運用のために購入した分譲マンションでしたら、一般の賃貸アパートマンションと同じように契約することができます。
一方、後者の場合ですと、契約期間が満了した時点で退去しなければならず、更新して住み続けることができません。
賃貸にでている分譲マンションを契約しようとする際には、どちらのパターンであるかを確認した方がよいでしょう。

■賃貸にでている分譲マンションを選ぶメリット
分譲マンションの多くは、ハイグレードな設備が満載です。
なぜなら、賃貸目的で建設されたアパートマンションとは異なり、購入者が長年住むことを目的としてつくられているからです。
そのため、最新の設備や人気の商品を標準の設備として採用することが多いのです。
床暖房やディスポーザー、食器洗洗浄機が付いたシステムキッチン、それからミストサウナ付きのユニットバスなどがその例です。
このような設備以外にも、床や壁の遮音性能なども分譲マンションのほうが高くつくられる傾向にあります。
また、分譲マンションの多くは、駅の目の前であったり人気の地域であったりという最高の立地に建てられています。
建物によっては、共用部にジムやゲストルームなどが設けられている場合もあります。
このような分譲マンションならではクオリティーが、賃貸でも味わえるのが賃貸の分譲マンションを選ぶメリットです。

【関連リンク】

賃貸にでている分譲マンションを選ぶメリット ページ上部へ戻る