1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸アパートマンションの間取りは生活スタイルによって選ぶ
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸アパートマンションの間取りは生活スタイルによって選ぶ

賃貸アパートマンションを探す際に、どのような点を重視していますか。
立地や築年数、こだわりの設備などさまざまな条件から賃貸アパートマンションを探すことができます。
その中でも、一番分かりやすい項目がお部屋の間取りです。
お部屋の間取りは賃貸アパートやマンションを探す際には大変重要な項目になります。
なぜなら、間取りによってそこに住む人の生活スタイルを変えてしまうからです。
もしくは、私たちは間取りにあわせて生活をしているとも言えるでしょう。
ですから、賃貸アパートマンションを探す際には、自分のライフスタイルに合った間取りを選ぶようにしましょう。

賃貸アパートマンションの間取り【一人暮らし編】

一人暮らしの人が選ぶ間取りの多くは、ワンルームタイプか1Kタイプだと思います。
ワンルームタイプとは、一つの居室空間の中にキッチンもある間取りのことです。
最近ではスタジオタイプと呼ばれる、広めのワンルームの賃貸物件も見られるようになりました。
ワンルームタイプやスタジオタイプのメリットは、自分の好きなように空間をしきることが可能なことです。
例えば、料理が好きでキッチンに立つ時間が長いという人でしたら、収納棚などの配置によってキッチン空間を広く使うことができます。
一方、1Kタイプは居室の他に扉で仕切られたキッチン空間がある間取りのことです。
こちらの最大のメリットは、キッチンと居室が仕切られているため、臭いや汚れが部屋に広がりにくいという点です。

賃貸アパートマンションの間取り【二人暮らし編】

カップルや新婚さんなどの二人暮らし向けの間取りと言えば、1LDKタイプや2DKタイプです。
1LDKタイプは、寝室一部屋とリビングダイニング、それからキッチンのある間取りです。
この間取りを選ぶと、食べたりくつろいだりする時だけでなく寝るときも同じ空間で過ごすことになります。
リビングダイニングは広くなっている場合が多いので、快適に過ごすことができます。
2DKタイプは、二つの居室とダイニングキッチンがある間取りです。
このタイプは、生活リズムの違う二人が一緒に住むのに向いています。
それぞれ自分のお部屋を持つことができるので、一人が寝ている時間に帰宅しても起こしてしまう心配がありません。

このように一人暮らし二人暮らしの間取りをそれぞれ見てみても、間取りによって生活の仕方が変わってくることが分かります。
賃貸アパートやマンションを選ぶ際には参考にしてはいかがでしょうか。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸アパートマンションの間取りは生活スタイルによって選ぶ ページ上部へ戻る