部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしをするには引っ越す前に計画を立てよう

一人暮らしをするには引っ越す前に計画を立てよう

一度は実家を出て、一人暮らしをしたいと考える人も多いでしょう。
高校や大学卒業後、学校や仕事の関係で一人暮らしをしなければならない人も多いと思います。
実家を出て新しい環境で生活を始める場合、アパートマンションなどの賃貸物件を探すことになります。
一人暮らしをするにはどのような流れで行動したらいいのか、紹介したいと思います。

■引っ越す前【計画を立てましょう】
一人暮らしをするには計画を立てることが大切です。
一人暮らしをするには、お金が必要です。
賃貸物件を借りる場合、家賃の他に敷金や礼金、また仲介手数料などの初期費用が発生する場合が多いです。
それから、生活に必要な家具や電化製品も買い揃えることになり出費が増えます。
初めにかかる初期費用や、居住を始めてからの生活費について確認しておくことが重要です。
どんな地域、建物に住みたいかもイメージしてみましょう。
アパートやマンションなどを探しながら、引っ越しをする時期も決めましょう。
物件を契約する時に、居住できる時期と引っ越しする時期がずれることがないように気をつけることも必要です。

■引っ越す前【実行しましょう】
一人暮らしをするには計画を立てたら実行に移します。
自分がイメージした賃貸物件を探しましょう。
賃貸サイトを利用することで、より多くの物件に出会うことができるでしょう。
サイト上で気になる物件をピックアップしておけば、不動産屋へ行った時にスムーズに事を進めることができます。
直接不動産屋へ足を運ぶのではなく、自分で選ぶことが大切です。
生活用品や家具、家電製品も購入しなければなりません。
引っ越す時に一緒に運んで貰えれば、あとから運ぶ手間が省けます。
しかし、洗濯機や冷蔵庫など設置場所が限られるものは物件が決まってから、サイズを測った上で購入しましょう。
生活に必要な物を引っ越す前に準備しておけば、引っ越ししてから楽になります。

■引っ越し後【実行しましょう】
引っ越ししてからはさまざまな手続きをしなくてはなりません。
市役所などで住所変更をする必要があります。
自動車免許を持っている人は警察署にも行き、変更しましょう。

また郵便局に転居届けを出すことで、旧住所に届いた郵便物を新住所に届けてくれます。
この手続きは引っ越す前にすることが必要ですが、引っ越し先でもできる場合もあります。
新居に引っ越ししたら、大家さんや住人に挨拶に行きましょう。
ご近所付き合いがない地域も多いですが、最低限関わる人に挨拶は必要です。
第一印象をよくすることで、人付き合いも広がっていくものです。

【関連リンク】

一人暮らしをするには引っ越す前に計画を立てよう ページ上部へ戻る