1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 東京都内で家賃の安いアパートを探すための方法
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内で家賃の安いアパートを探すための方法

全国から人が集まる東京には、数多くの賃貸物件があります。
家賃が安い物件から、高級感あふれるデザイナーズ物件までさまざまですが、一般的には賃料を抑えたいと考える人が多いです。
賃貸物件にはアパートやマンションなどの集合住宅と、テラスハウスや貸家などの戸建て住宅があります。
家賃の予算にあまり余裕のない方は、アパートを選ぶとよいでしょう。なぜなら、マンションや戸建て住宅に比べて安い賃料で借りることができるからです。
東京でアパートを借りるメリットと、家賃を抑えるコツを探っていきましょう。

駅から離れた物件

東京都内では、移動手段に電車やバスなどの公共交通機関を利用する方が多いです。
そのため駅近くの物件は人気が集中し、家賃も高くなる傾向があります。
ですから安い家賃を最優先に探したい方は、駅から少し離れた物件も視野に入れて検討しましょう。
駅から離れるイコール不便と捉えがちですが、視点を変えるとプラス効果もあります。
それは自宅と駅の間を徒歩で移動することにより、適度な運動がごく自然にできることです。
現代人の多くが運動不足と言われていますが、なかなかそれを解消することは難しいものです。
しかし自宅と駅の間を歩くのであれば、毎日自然に運動ができます。適度な運動は、心身のリフレッシュにも効果が期待できます。
日々の運動が成人病予防につながるなど、健康へ良い影響をもたらすことはよく知られています。
安い家賃のお部屋に住むと、浮いたお金をプライベートや他のことに回せる利点もあります。

家賃交渉

不動産会社で家賃交渉をして、安くしてもらう方法もあります。
築年数の経過した物件や、商業施設が少ないエリアで空室が多い物件などは交渉の余地があります。
不動産会社の営業マンは、家賃交渉の鍵を握るキーパーソンなので丁寧な対応を心がけましょう。

安いエリアを検索

今やインターネットは現代生活に欠かせないツールとなり、スマホや携帯電話で手軽に利用することができます。
地方から東京に引っ越す場合は、家賃が安いエリアや沿線というのは分からない人が多いと思います。
そんな時役立つのがインターネットです。都内でも比較的安い賃料のエリアを紹介しているサイトがあるので、そこから調べ始めるのも良いでしょう。

家賃は支出の多くを占める項目なので、安く抑えたいという思いは多くの人に共通しています。
安い賃料で借りるための方法を上手に組み合わせながら、自分のライフスタイルに合う快適なお部屋を見つけたいものです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

東京都内で家賃の安いアパートを探すための方法 ページ上部へ戻る