部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパートを借りるなら初期費用の内訳を見てみよう

アパートを借りるなら初期費用の内訳を見てみよう

アパートを借りる場合、初期費用について考えたことはありますか。
初期費用とは、アパートを借りる時に準備する費用のことで、入居する前に支払うお金のことです。
一般的に入居時に準備する費用は、家賃の6ヶ月分と言われています。
内訳は、敷金や礼金が2ヶ月分、仲介手数料が1ヶ月分、前家賃として1ヶ月分が目安とされています。
中には、礼金や仲介手数料が不要な場合もありますので、しっかりと情報を把握する必要があります。
それでは、さらに詳しく内訳をみてみましょう。

○敷金とは
賃貸物件に入居する際は、大家さんに敷金を預けることになります。
敷金は退去する時に戻ってくる費用です。
しかし、家賃を滞納している場合や入居者側負担で部屋の修繕があった場合この預けた敷金でまかなう場合があります。

○礼金とは
賃貸物件に入居する際は、大家さんに対して礼金を支払うことが一般的です。
「貸してくれてありがとう」という意味ですから、退去時に戻ってくることはありません。
物件により礼金の金額は異なりますが、正式に契約を結ぶ時に発生する費用です。

○仲介手数料とは
賃貸物件に入居する際は、大家さんと入居者を仲介している場合があります。
この仲介している不動産会社に支払う費用です。
家賃1ヶ月分と消費税までと上限が決められております。
アパートに限らず、賃貸物件を借りる時にはこれらの様な様々な費用が発生します。
しかし、中には礼金や仲介手数料などが不要な物件もあります。
賃貸物件を探す場合は、敷金礼金不要となっている物件から探してみるのも良いかもしれません。

大家さんから依頼を受けている物件であれば、手数料は発生します。
貸す側と借りる側を繋ぐ仲介人がいるかいないかで費用も変わってきます。

敷金が不要となっている場合は、一般的に保証会社に加入することを求められています。
それは、保証会社をつけることで、家賃を滞納した場合に立替えてくれる役割を持つからです。
また、敷金を大家さんに預けておくことで家賃の滞納はないにしても、部屋を破損した場合預けていたお金でまかなうことができます。
敷金が不要となっている場合は、退去時の清掃や原状回復に費用を準備しておく必要があります。
これらをみてみると、一概にも「不要」だから初期費用が安くなるとは限らないことがわかります。

アパートを借りる時には、情報を把握し生活スタイルを想像してみましょう。
せっかく家賃を安く抑えることができても、交通費に必要以上の出費が出ては安心した暮らしとはいえないでしょう。
引っ越しなどを含め、賃貸の情報を集めることで初期費用を抑えることができるかもしれません。

【関連リンク】

アパートを借りるなら初期費用の内訳を見てみよう ページ上部へ戻る