部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 様々な不動産賃貸契約と最近増えてきた賃貸契約

様々な不動産賃貸契約と最近増えてきた賃貸契約

不動産というと「財産」と考える人は少なくないでしょう。
民法上は土地やそれの定着物という定義になるようですが、一般的には土地や建物という言い方になるのではないでしょうか。
更に、不動産賃貸となると土地のリース、あるいは建物を貸すということになると思います。
今回はその不動産賃貸契約について軽く触れてみたいと思います。

■賃貸不動産には何があるか
賃貸不動産には土地のみ、土地と建物、土地に建てられ戸建て住宅、マンション、アパートなどが主なものになるかと思います。
土地のみの賃貸には畑や田んぼといった農業地や、土地のみを期限付きで貸すが利用法は定めずに原状回復をした状態で戻すという場合もあります。
この場合は借主が建物を立てて利用することになり、店舗などが多くありますが戸建て住宅の中にもあります。
土地に建物が建った状態で賃貸というものも多く、商店街の集合店舗などや貸ビルといわれるものに多くあります。
借主が一般の住居として借りるものがマンションやアパートということになるかと思います。
いずれのどれを借りるのかは利用目的によって異なるわけですが借りる場合には不動産賃貸契約をする必要があります。
借りる期間や賃貸料金、借りる期間の規約等を細かく取り決め、契約書という書面に双方が署名、捺印という方法が一般的です。

■不動産賃貸契約の手順
賃貸物件マンションアパート戸建て住宅)の場合には物件が決まったら保証人を付けて入居申し込みをします。
その後の審査が終わったら賃貸借契約書を交わし必要経費を支払い、もしくは契約日前日までに指定口座に入金という手順になります。
その際に賃貸借契約書や重要事項説明書を読み気になるところや不安なことはしっかり確認しておく必要があります。
特に特約や禁止事項の確認を怠ると後日トラブルになりかねません、契約後のキャンセルはできないものと思ってしっかり確認しましょう。
土地でも農地の場合は「農業委員会」で許可を得る必要があります。
賃貸料の年額はその土地(田んぼ)の収穫高から換算するという土地柄もあるようですがしっかりした賃貸仲介者、行政書士など専門の人にお願いしましょう。

最近では定期借家契約付の不動産賃貸契約も増えているようです。
今までの普通借家契約では貸主が契約期間(2年契約が一般的には多い)満了時に正当な事由がない限り契約の終了、退去を主張できないからです。
こういったことから賃貸契約のリスクの軽減策として用いられることが多いようです。
定期借家契約であっても再契約が出来る事を前提としていることが増えてきています。
貸主にとっては賃料の改正がしやすくなるが借主にも賃料の改定の請求権があるので双方の話し合いが大事ともいえます。
不動産賃貸契約にも世間の環境の移り変わりに伴い問題が増えたために変更が多いようですが借りる側も貸す側も良心を持っていれば回避できることも多いのではないでしょうか。

【関連リンク】

様々な不動産賃貸契約と最近増えてきた賃貸契約 ページ上部へ戻る