部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. はじめてアパートを借りるにはまずお部屋探しから

はじめてアパートを借りるにはまずお部屋探しから

進学や就職を機にお部屋探しをする人も少なくないでしょう。
それが人生ではじめてのお部屋探しという人もいるかもしれません。
自分が生活していくお部屋ですから、お部屋選びには失敗したくないですしこだわりぬいたお部屋にしたいものです。
「アパート借りるには」どのように進めていけばよいのでしょうか。

アパートを借りるためのお部屋の探し方
お部屋を探す手段としては直接お近くの不動産屋さんに行かれるかたもインターネットを利用して物件を検索されるかたもいると思います。
直接不動産屋さんにいってお部屋探しをすることは、物件について詳細を詳しく聞けるということと、周辺環境も自身の目できちんと確かめられるというのが強みです。
今ではインターネットを利用してお部屋を探されるかたのほうが多いかもしれません。
インターネットの利用によってより多くの不動産会社の物件を見ることができます。写真や画像などで詳細も細かく確認できるようになっていますから、それだけ自分の希望に合った物件を探すことができるでしょう。
ただ、実際自分の目を通してみているわけではないので、壁の色合いの違いや部屋の広さに関しても実際と多少のズレがあるかもしれません。
どちらも、利点もそうでない点もありますができるだけ選んだ物件を自分の目で見てから決定しましょう。

アパートを借りる際の決め方
アパートを借りる際には、ある程度場所の指定や予算など限られた条件もあると思います。
「予算や家賃」「住む場所」「お部屋の広さ、間取り」「設備」があげられると思います。
予算や家賃、住みたい場所にはある程度幅を持たせて探してみましょう。
選択肢が増えることで、自分の希望に合った物件を見つけることができるでしょう。
間取りやお部屋の広さも重要なポイントです。
同じような広さでも、造りや構造によって居室スペースの広さは変わってきます。
広さや間取りも大事ですが、その間取りでいかに自分らしく快適に生活できるかを考慮に入れて探してみましょう。
設備にもこだわりたいところです。
バス、トイレ別かどうか2階以上か洗濯機置場があるかなど譲れない条件がある場合にはしっかり確認しておきましょう。

アパートを借りるまえに下見でチェック
希望の物件が決まったら不動産会社を訪問して希望の物件の下見をしましょう。
物件の下見はできるだけしてください。
書類上だけでは確認できない項目があるかもしれません。
その物件を選んで後悔することのないように、事前に自分の目でしっかりチェックをしましょう。

住みたい物件が決まったら契約という流れとなります。
入居の申し込みをして入居審査を行います、このとき自分の情報だけでなく連帯保証人の情報も必要なため注意してください。
一週間ほどで審査の結果がでますので審査が通ったら正式に契約と言う流れとなります。

アパートを契約する
一言に「アパート借りるには」と言っても、様々な手続きなどが必要になります。
お部屋を借りたあとは、自分の趣味やライフスタイルに合わせて快適に過ごせるようアレンジすることを楽しんでください。

【関連リンク】

はじめてアパートを借りるにはまずお部屋探しから ページ上部へ戻る