1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 賃貸物件に住むならアパートとマンションどちらが良いか
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件に住むならアパートとマンションどちらが良いか

賃貸物件を探す際に、アパートとマンションのどちらを選ぼうか迷うことがあるのではないでしょうか。
そもそもアパートマンションの区分は日本独自のものであり、その区分もはっきりとした定義があるわけではありません。
しかしながら、不動産業界ではその物件の構造でアパートとマンションの区分をすることが多くなっています。
そのため、アパートとマンションそれぞれの特徴があります。
アパートは木造や軽量鉄骨造の物件が多いので、二階建て程度の比較的小規模な物件が多く、材料費や建設費の安さから家賃相場もマンションに比べて安くなっています。
一方マンションは、鉄筋コンクリート造や鉄骨造という大きな建物に向いている構造で、家賃相場はアパートに比べて高いことが多いです。

アパートとマンション、どちらに住むのが良いか

賃貸物件選びにおいて、アパートとマンションのどちらに住むのが良いでしょうか。
タワーマンションなどの夜景がきれいに見える高層階に住みたいという人でしたら、選択肢はマンションしかありません。
アパートでは、その構造の特性上タワーマンションのような大きな建物は存在しないからです。
大型の建物でもアパートと言う名称を持つものがありますが、名前は○○アパートでも構造次第でマンションに区分されます。
できるだけ安い家賃で賃貸物件を探したいという人でしたら、アパートの方が比較的希望の物件が見つかりやすいでしょう。
低層住宅がメインの住宅地では、そもそもマンションの数が少ないこともあります。

アパートとマンションという区分にとらわれずに賃貸物件を探す

強いこだわりを持っていないなら、アパートとマンションという区分にとらわれずに賃貸物件を探したほうがよいといえます。
従来では、アパートと言えば壁が薄いというイメージや、セキュリティ対策がされていないというイメージもありました。
しかしながら、全てのアパート物件がそうであるとは限りませんし、全てのマンション物件が音漏れせず防犯性も高いわけではないのです。
アパートであっても、きちんと遮音処理されている物件もありますし、マンション以上のセキュリティ設備が備わっている物件もあります。
マンションにこだわって賃貸物件を探していると、そのような好条件のアパートを見逃してしまうことになります。
アパートとマンションという区分にあまりとらわれすぎず、視野を広くもつことが、自分にあった賃貸物件を見つける近道なのです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

賃貸物件に住むならアパートとマンションどちらが良いか ページ上部へ戻る