部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 住まい探しの際に気をつけるポイントを知って賃貸物件を選ぼう

住まい探しの際に気をつけるポイントを知って賃貸物件を選ぼう

私たちが生きていく上で大事なことは、衣食住がきちんとしているということです。
その中でも住まい探しは、大切と言われています。なぜなら、近所付き合いが上手くできなかったり、立地条件が悪かったりすると、その場所に長く住むことができなくなります。
そうなれば、また引越し先を探さなければいけなくなり、お金も時間もかかってしまいます。
そして何より、体力が必要です。住まい探しをすると言うことは、労力がすごくかかります。余計な労力を使わなくて済むようにしたいものです。
その為、お部屋を借りたり買ったりする時は慎重に行いましょう。
今回は、賃貸物件にスポットをあてて、住まい探しの際に気をつけることを考えていきます。

一人暮らしの住まい探し
初めて一人暮らしをする人も、何年も一人で暮らしている人も、住まい探しの際に気になることは同じだと思います。
それは、立地条件ではないでしょうか。
地元で一人暮らしをしている人もいるかもしれませんが、大体の人は住み慣れた地を離れての生活だと思います。
その為、これから自分が生活する場所の環境はとても気になるところです。
男性よりも女性にその傾向が強くなります。まずは、自分が住みたい地域の最寄り駅を調べることをオススメします。
なぜなら、一人暮らしの人は電車を利用することが多いからです。その為、何線が通っているのか調べておくと、学校や職場に通いやすい場所なのか知ることが出来ます。
通勤や通学時間は、あまりかからない場所を選ぶといいかもしれません。
特に東京は、通勤ラッシュの込み具合はとても大変です。慣れるまで苦労すると言います。
そんな中、朝や帰りの移動に時間がかかると、疲れてしまいます。もし可能であれば、自転車や歩いて通える距離での住まい探しをオススメします。
次に、駅周辺の環境を調べてみましょう。一人暮らしの人は、仕事や学校帰りに買い物を済ませることが多くなります。
その為、駅周辺にスーパーや商店街があればとても便利になります。
またカフェなどの飲食店があれば、ご飯を食べてから帰ることも出来るでしょう。
休日のランチを外で食べることも、ストレスを溜めない為にもいいのではないでしょうか。
どんな賃貸物件を選ぶのかも、慎重に行うようにしなければいけません。賃貸物件の築年数がある程度経過していれば、家賃は安くなります。
しかしあまりにも古い賃貸物件は、オートロックなどの設備がないことも珍しくありません。
逆に、最新の設備が整っている賃貸物件は家賃が高くなります。しかし、女性が安心して生活出来るような条件が整っているケースが多くなります。
どちらを選ぶか迷うところです。その為、きちんと優先順位を決めてから住まい探しをするようにしましょう。

【関連リンク】

住まい探しの際に気をつけるポイントを知って賃貸物件を選ぼう ページ上部へ戻る