部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件で支払う敷金とはどんなものなのか

賃貸物件で支払う敷金とはどんなものなのか

初めて賃貸物件を借りるという方は、敷金がどんなものであるかをご存じでしょうか。
敷金という言葉そのものはだれでも耳にしたことがあると思います。

■自分に戻ってくるお金とそうでないものがあります
賃貸を契約したとき不動産会社に支払うお金には、あとから自分に戻ってくるものとそうでないものとがあります。
その戻ってくるお金のひとつに挙げられるのが、敷金と言われるものです。
地域によって保証金と呼ばれることもあるようです。
通常は、家賃の1ヶ月から3ヶ月程度の金額を支払うことになります。
この敷金を支払う目的ですが、万が一家賃の支払いが滞ってしまった場合や、退去するときに修理が必要となった場合にこの敷金から賄うためのものです。
そして、この敷金から必要な分を差し引いて残った分の金額は、自分に戻ってきます。
敷金は、賃貸物件のリスクに対する担保のような意味を持つお金なのです。
これに対し、礼金はあとになって自分に戻ってくるお金ではありません。
礼金は、家主にお礼の意味をこめて支払うものだからです。
関東では数年前までは2ヶ月分が多かったようですが、最近は減少してきているようです。

■敷金にまつわる原状回復の内容とは
賃貸の契約上では、入居者が退去するときに原状回復することが義務付けられています。
原状回復とは、入居した当時のお部屋の状態に復旧するということです。
生活を続けていると、どうしても建物の劣化や損耗という現象が生じてしまいます。
床のへこみや網戸の張り替えなど、故意によるものではなく損害にあたらないものは家主が負担します。
しかし、壁に釘を打ったり、柱にキズを付けたり、またなにか別の器具や設備を設置した場合などは、入居者が負担しなければなりません。
この原状回復も、家主と入居者との解釈の違いによってズレが生じてしまうこともあるようです。
敷金そのものが法律的な制約ではありません。
必ず賃貸の契約をする際には、この敷金と原状回復の内容も確認するようにしましょう。
そして、入居中もできる限り汚さない、壊さないように心がけましょう。ですが、なにも神経質になる必要はありません。
できる範囲でしっかり掃除とクリーニングをするというだけでも充分です。

お金は支払っているとはいえ、人様のものをお借りしているということは忘れないようにしたいものです。
何か問題が発生したとしても、普段から少しずつ気をつけていれば解決も早まるというものです。

【関連リンク】

賃貸物件で支払う敷金とはどんなものなのか ページ上部へ戻る