部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしに必要なものを見極めて立川駅付近に行く

一人暮らしに必要なものを見極めて立川駅付近に行く

東京駅からJR中央本線で乗り換えなしの約40分で到着する立川市は、東京都のちょうど中央くらいに位置しています。
東京23区と小笠原諸島などの島以外の市町村を多摩地区と呼びますが、その多摩地区で最も人が乗り入れするのが立川駅になります。
多くの人が集まっている駅なので立川駅は近代化が進み、そして駅周辺も商業施設などが充実しています。
電車やバスなどのアクセスもよく、JR線の電車では中央本線、青梅線南武線などが運行しています。
立川駅から吉祥寺駅まで約20分、新宿駅まで約30分で到着します。そのほか西武鉄道やモノレールなども走っています。
多くの人が通勤や通学などで立川駅を利用しています。

立川市での一人暮らし
立川市は保育園から小学校や中学校、高校や大学など教育施設が豊富です。
特に大学は立川市内のほかに隣の国立市小金井市武蔵野市など立川市付近に多く集まっています。
今年も多くの大学生が入学し、立川市で一人暮らしをはじめる方もいるでしょう。

新しい生活をはじめるにあたり引越しをする前にベッドやテーブル、テレビ台などの家具を揃える人が多くいると思います。
そのほかにテレビや冷蔵庫、掃除機、電子レンジ、洗濯機、パソコンなどの電化製品も先に買い揃える人がいます。
一人暮らしをする人は、ワンルームタイプや1Kタイプの間取りで生活する人が多いです。
そこで生活する際ワンルームタイプや1Kタイプの間取りは、ベッドだけで大きく幅をとられます。
さらにテレビ台にテレビ、冷蔵庫や洗濯機など様々買い揃えた物を置くと窮屈な生活をおくることになりかねません。
テレビ台とテレビを買い揃えたが大学生活が忙しくて意外にテレビを見ないなどあるかもしれません。
掃除機を買ったが部屋の掃除は床がフローリングなのでモップで済ませているから使わないなどということも多いでしょう。
先に買い揃える前に、一人暮らしの生活をしてから徐々に必要なものを揃えてみるのもいいかと思います。
暮らしてみてから意外と生活に必要ではないものが出てくると思います。逆にこれは暮らしていく上で必要だと思うものが出てくることもあります。

立川駅付近には商業施設が豊富に揃っていますが、その中には大型電気量販店や大型家具ショッピングセンターなどあります。
自分が必要になったときに近くに電気店や家具店などがあるとすぐに購入もできるし、修理などもみてくれるので安心して生活もできるはずです。
一人暮らしは何かとお金がかかることがあると思います。

出費を抑えるためにも必要なものだけで暮らしていきましょう。
そして一人暮らしをしていくうちにいろいろと見極める力がついてくるでしょう。

【関連リンク】

一人暮らしに必要なものを見極めて立川駅付近に行く ページ上部へ戻る