部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. マンション購入時の住宅ローンは長く借りて早く返す

マンション購入時の住宅ローンは長く借りて早く返す

「もし宝くじに当たったら何をしよう」と考え想像した人は一度はいるはずです。
「もし宝くじに当たったらマンションを購入する」と思っている人もいるでしょう。
しかしそう簡単には宝くじは当たらないし多くの人は一括で支払いはできないので住宅ローンを組んでマンションなどを購入することが多いでしょう。

住宅ローンは一戸建てやマンション、アパートなどの購入にかかる費用を金融機関からお金を借りることをいいます。
今はやりのリフォームやリノベーションといった住宅を建築する際にかかる費用も住宅ローンで組むことができます。
借りたお金を金融機関に毎月支払していく期間は、一般的に30年ローンや35年ローンといった期間が多いようです。
毎月金融機関に一定額を支払いしていきますが、その金額にプラス利息が発生します。いわゆる金融機関にお金を借りているので手数料が毎月発生するということです。
住宅ローンの期間が長ければ長いほど、利息も長く続くのです。プラスでお金を多く支払い続けるということになります。
借りる金額と期間にもよりますが、長い期間の住宅ローンによっては借りた金額のおよそ半分くらいもトータルで利息を支払っている場合もあります。
できることならなるべく住宅ローンは短い期間で終わらせたほうがいいと考えるべきです。
そのほか各金融機関でいろいろな住宅ローンのプランが出ています。いろいろな金融機関に足を運び相談して見比べてみるのもいいでしょう。
インターネットでは住宅ローンのシミュレーションをしてくれるなど、住宅ローンに関して診断してくれるサイトがあります。
何年プランでどのように支払っていくかなど項目があるので入力していくと、トータルでどのくらい金額を支払うかなどわかります。
そのほか毎月この金額で支払っていくと何年ローンになるかなどの診断もしてくれます。
マンションなどの住居の購入を考えている人には便利なサイトといえます。試しに活用してみてはいかがですか。

住居購入は外観や日当たり、間取り、設備、防犯、立地環境、耐震などいろいろ気になることがありますが、住んでみないと分からないこともあります。
マンションの購入を考えている人の中には、はじめに分譲賃貸マンションで試しに住んで生活してみる人もいるそうです。
急いで決める前にそこの立地環境や住みやすさなどをじっくり考えてからマンションを購入する人が分譲賃貸マンションを活用するようです。

自分の城(家)を持つことは自分の人生の中でも一番の大きな買い物です。購入時には大きな決断が必要になります。
最初から期間の短いローンにすると、毎月の返済額が高くなるので、長くローンを組んで余裕が出来たら繰り上げするなど早めに返すのがポイントです。
あせらずゆっくりと周りの意見や家族などと相談をしながら検討していき、自分にとってどのような暮らしがいいのかを決断できるようにしたいものです。

【関連リンク】

マンション購入時の住宅ローンは長く借りて早く返す ページ上部へ戻る