部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸アパートを借りる時に必ずある入居審査とは

賃貸アパートを借りる時に必ずある入居審査とは

賃貸物件を借りる理由は人それぞれ異なります。
就職や進学、結婚する為など色々な事情があるはずです。その為、一度は賃貸アパートで生活したことがある人は多いのではないでしょうか。
お部屋探しをして、入居審査があったことを覚えているでしょうか。
お部屋を借りる時には必ず、入居審査があるのです。
これから初めてお部屋探しをしようと思っている人の為にも、入居審査について調べていきましょう。

■入居審査とは
入居審査とは、そのお部屋を借りたいと希望している人に貸してもいいのか大家さんが判断することをいいます。
必ず賃貸契約を結ぶ前に行います。必ずしも全員が審査を通るわけではありません。
中には入居審査に通らず、希望するアパートに住むことが出来なかったという人もいます。
どうすれば入居審査を通過するのかご紹介します。

■希望する賃貸アパートを借りるには
入居審査は物件の大家さんが行うため、絶対的なルールがあるわけではありません。
しかし、チェックされるポイントはいくつかあります。では、どのような点に気をつければいいのでしょうか。
まずは収入面を確認されます。ここでは毎月の家賃に対して継続して支払いが出来るのか判断されます。
次に、連帯保証人がきちんと確保できるかどうかです。
保証人になる人も友人や会社の上司ではなく、親や兄弟など親族に限定されることもあります。
しかし最近では、保証会社を利用できる物件も多くなってきています。
その為、保証人がいない人にとってとても助かるサービスになります。
ですが中には、保証会社と保証人のどちらも必要になる場合もあるそうです。早めに確認するようにしましょう。
昔は多かったですが、最近少なくなってきた入居審査の方法もあります。
それは、大家さんとの面談です。
今はほとんどの入居審査が書面で終わることが多いですが、大家さんとの面談があると借りる側も貸す側もお互い知ることが出来るので、安心出来るかもしれません。
入居審査は早いところであれば1日で結果が出るそうです。
自分が希望した賃貸アパートに入居出来るように、きちんと準備しておくことをオススメします。
ですが、今挙げた事がすべてではありません。
大家さん側で入居を認めてくれれば、そのお部屋を契約する事が可能です。
求職中でも貯金などがあり、家賃を支払う能力があると判断されればお部屋を借りることが出来ます。
分からないことや不安なことは、不動産会社の営業担当に何でも相談しましょう。

【関連リンク】

賃貸アパートを借りる時に必ずある入居審査とは ページ上部へ戻る