部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 家を買うときや借りるときは相場を調べて適正価格を知ろう

家を買うときや借りるときは相場を調べて適正価格を知ろう

みなさんは家を買うときや家を借りるときに何を重視するでしょうか。
部屋の間取りや広さ、地域など人それぞれです。
立地条件や設備などによって価格は変わってくるものです。
また地域によっても大きく変わってきます。
家を借りるにしても買うにしても、交通の便や商業施設が充実しているなど、住みやすい環境であればあれほど、一般的に価格は上がってきます。
家探しをする際は、相場を参考にしている人も多いです。
相場とは一般的な評価価格のことを言います。
相場を調べてから家探しをすると、自分が買おうまたは借りようとする物件の価格は、妥当な価格なのかがわかってきます。
ある地域で家を探そうとするとき、相場よりも価格が安ければ駅から遠い、あるいは築年数が経っているなどと想像ができます。
逆に相場よりも価格が高ければ、駅から近い、もしくは築年数が浅い物件などと想像することができます。
また、同じような立地条件で価格が違えば、設備の良し悪しなどが想像できます。
このように相場を知っておくとわかる事も多いので、家を探す際は相場を調べておくと良いでしょう。
家を購入する場合や売却する場合、賃貸物件の家賃相場を知りたいときはインターネットを利用して調べる方法もあるので活用してみましょう。

■理想の家賃とは
賃貸物件を借りる際、理想の家賃は一ヶ月の収入の3割程度といわれています。
自分の収入に見合った物件を選ぶようにしましょう。
そのときに、自分が住みたいと思っている周辺の家賃相場を知っておくと、効率よく物件探しができます。
自分の理想の家賃と自分の住みたい地域の家賃相場がかけ離れている場合は、もう一度検討しなおしてみましょう。
自分の住みたい地域からほんの少し移動しただけで、家賃が大きく変わる場合もあります。
自分の生活スタイルに合った地域と物件に出会えるように、時間と心に余裕を持った物件探しをするようにしましょう。

自分が住む家の相場だけでなく、暮らす上で必要な物の相場も知っておくことが重要です。
都市ガスやプロパンガスのように、同じガスでも種類が違うと使用料も大きく変わってきます。
ガスだけではなく、家の設備によっても光熱費などが変わってくる場合があるので注意しましょう。
家を買うにしても借りるにしても、自分の城を持つことには変わりありません。
できるだけ周囲の環境も把握しておくなどの準備をして、効率よくより良い家探しや、生活ができるようにしましょう。

【関連リンク】

家を買うときや借りるときは相場を調べて適正価格を知ろう ページ上部へ戻る