部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸の平屋で身体に優しい生活をしてみよう

賃貸の平屋で身体に優しい生活をしてみよう

平屋といえば、昔ながらの古民家などでよく見られる建築様式のひとつです。
平屋には昔からの暮らしそのものを表しているかのような、どこか懐かしい雰囲気を感じる方も多いでしょう。

■平屋の特徴とは
最も大きな特徴と言えることは、住居のなかに階段がありませんので上下の移動が無く、生活全般においての動線がフラットであるということです。
上下の移動が無いということは、どこか身体を痛めたり怪我をしたりしたときでも楽です。
階段が無いという部分では、高齢者にとってもやさしい住宅であると言えるでしょう。
賃貸の平屋で多いのが、2Kタイプや2DKタイプです。一人暮らしでも、ご夫婦でもどちらにも対応できる間取りとなっています。
また、お部屋がそれぞれ独立していますので、最近よく聞くシェアメイトと住むという場合にも向いています。
同じ様な2Kタイプや2DKタイプでも、最近の賃貸物件なら壁でしっかりと仕切られているものがほとんどです。
でも、築年数の古い平屋では、お部屋とお部屋が襖で仕切られています。お部屋を広く使いたいときには、襖を取り外せばいいだけですので便利です。
このように、デットスペースが生まれずに効率的な間取りを造りやすいということもメリットなのではないでしょうか。

■平屋で暮らす魅力とは
平屋には階段がありませんので、小さいお子さんがいても安心です。
親御さんがちょっと目を離した隙に何か事故が起きてしまうということもないのです。
そして、平屋ですのでドタバタと走り回っても他の集合住宅ほど近隣への騒音も気にする必要もなくなります。
家族世帯にとっても、上下の階に分かれて過ごすということがないのでリビングにも集まりやすいという利点もあります。
また、賃貸の平屋で築年数が数十年にも及ぶものは、壁が砂壁だったり、キッチンやお風呂などの水回りも懐かしさを感じるものだったりします。
賃貸の平屋は、都市部で希少なものになりつつありますが、このような魅力が詰まったものでもあるのです。

平屋は、建築の規模が小さいものですので建築コストも比較的安くできるというメリットもあります。
また、建物そのものの重量も軽いため、大地震などの被害も受けにくいものなのです。
近年のリフォームや増改築のブームがある一方で、各ハウスメーカーが平屋建てを推進するという動きも出てきているようです。
そして、身体的なレベルは、年齢に関係なく人それぞれ違います。
身体の自由が効かなくなったとき、平屋のようにフラットな環境で生活できるということも大事なことではないでしょうか。

【関連リンク】

賃貸の平屋で身体に優しい生活をしてみよう ページ上部へ戻る