部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 敷金礼金をきちんと知り賃貸物件探しをしよう

敷金礼金をきちんと知り賃貸物件探しをしよう

お部屋探しをしたことがある人は知っていると思いますが、賃貸物件を借りる時にはお金がかかります。
初期費用は考えているよりも、高額になるケースが多いと言います。
初期費用の代表的なものは、「敷金」と「礼金」ではないでしょうか。一度は聞いたことがあるはずです。
お部屋を借りる時に多くの人は必ず支払っている初期費用になります。
しかし、敷金と礼金が一体どういったものなのか知らないという人は多いのではないでしょうか。
敷金や礼金の金額はけして安いとは言えません。せっかくお金を支払うのですから、きちんと中身を理解した方がいいでしょう。

■敷金とは何か
敷金とは、借りる側が家賃を滞納した時や、引越しをする際に部屋の中を元の状態に修繕する時に使われるお金のことを言います。
入居する時に敷金をいう名目で、大家さんに預けておくのです。
元の状態に戻すことを原状回復と言いますが、経年劣化の場合は借主にその義務は生じません。
経年劣化とは、通常の生活を送っていて自然にできた損耗のことを言います。
しかし昔は原状回復の明確な基準がなかった為に、大家さんと借り手でトラブルが耐えませんでした。
その為、国土交通省がガイドラインを作成しトラブルも少なくなったようです。

■礼金とは何か
礼金とは、借りる側が大家さんに支払うお礼金のことです。退去時に礼金は戻ってきません。
その始まりは、戦後住む場所がなかった人の為に部屋を貸してくれた方へのお礼の意味を込めて渡したことがきっかけだそうです。
東京から始まり、徐々に全国にその習性が広まりました。

■敷金礼金がゼロ物件の注意点とは
賃貸物件を借りる際、初期費用を安く抑えたいという人はたくさんいます。
その為、敷金や礼金がゼロの賃貸物件を探している人は多いのではないでしょうか。
敷金や礼金がゼロの賃貸物件は初期費用を安く出来るため、とても魅力的です。
しかし、気をつけなければいけないことがあります。
特に敷金がゼロの物件は、退去時に修繕費用を請求されることもあるので気をつけましょう。
上記で書いた通り、借主には原状回復義務が生じます。その費用は敷金から補うことが一般的です。
その為初期費用は安く済んだが、退去時にお金がかかるということになりかねません。
賃貸物件を探す際には、この点注意しながら行うようにしましょう。分からないことは不動産屋さんに何でも聞いてみて下さい。きっと親身になって聞いてくれる営業マンもいるはずです。
また、インターネットで事前に調べておくこともオススメです。

【関連リンク】

敷金礼金をきちんと知り賃貸物件探しをしよう ページ上部へ戻る