部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. ペット可の賃貸マンションに種類があるのをご存知ですか

ペット可の賃貸マンションに種類があるのをご存知ですか

ペットを飼っている方にとっては、そのペットも大切な家族の一員です。
でも、ペットを飼いたいと思って賃貸マンションを探すとなると、なかなか難しいと感じることもあるのではないでしょうか。

■ペットにまつわるさまざまな問題とは
まず、賃貸マンションは集合住宅ですので、犬や猫など鳴き声を発するペットの場合は近隣住民へ迷惑となってしまうことがあります。
他の入居者にアレルギー体質の方がいたり、ペットが嫌いと言う方もいたりする場合も迷惑となってしまうでしょう。
室内で飼うということで、床や壁、また柱などのキズや汚れが付いてしまったり、臭いが染み付いてしまったりすることなども考えられます。
どれも、ペットを飼うことで発生してしまう事象ですので、入居者だけでなく、オーナー様にとっても心配なことなのです。

■ペット可の物件とは
しかし、賃貸マンションであっても、ペット可としているものは確かにあるのです。
それには二つ種類があります。まず家主からペットを飼っても良いという許可がされている「ペット可物件」といわれるものです。
今までの賃貸マンションでは、ペットの飼育そのものが禁止されている場合がほとんどでした。
そのために、こっそり隠れて飼っていたり、それが原因でほかの入居者とのトラブルが起きたりするというケースもありました。
「ペット可物件」は正式に賃貸マンションの管理規約にペットの飼育が認められているものなので安心して飼育することができます。
ただ、飼育しても良いとされるペットの種類や頭数が制限されています。
ペット可と付いていても、まるきりいいというわけではなく、あくまで相談の余地があると考える方が良いかもしれません。
もうひとつは、「ペット共生物件」といわれるものです。これは、ペット専用の足洗い場や、ペットと遊べる共有スペースが建物の外に設置されているものです。
また、室内でもペット専用のトイレスペースがあったり、壁や床にキズがつきにくい素材を使用していたり、ペットと生活することを前提として建てられた物件です。
「ペット共生物件」は通常の賃貸マンションより家賃の相場が高いのに関わらず、入居待ちが出ているほど人気があります。

しかし、「賃貸マンションだからやっぱりだめだろう」と諦めるのはまだ早いです。
このようにペット可を前面に出していない賃貸マンションでも、なかにはオーナー様のご厚意によってペット可とする物件もあるのです。
ペットには鳥や犬などの鳥獣類のほかにも亀や金魚などもあります。まずは自分がどんなペットと生活したいのかを不動産会社に話すことからはじめてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

ペット可の賃貸マンションに種類があるのをご存知ですか ページ上部へ戻る