部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件探しで目にする保証人不要とはどんな意味

賃貸物件探しで目にする保証人不要とはどんな意味

賃貸物件を探しているとき、保証人不要という言葉を目にすることがあります。
いままでなら、保証人は必要なものであるとほとんどの方が認識していたでしょう。
保証人不要で、通常どおりに賃貸物件の契約はできるものなのでしょうか。

■保証がないのに賃貸契約はできるのか
保証人不要と言われたら、保証がなくても良いのかと考える方もいらっしゃるかもしれません。
保証人不要とは、本来借主が立てるべき保証人を立てられなくても良いという意味で、賃貸契約は基本的に保証人が必要です。
では、誰が保証人になるのかですが、これは保証会社と言われる専門の会社が保証人や連帯保証人の代行を行います。
保証人が必要なのか不要なのかは、だいたいの場合貸主の意向であることが多いようです。

■保証人不要の物件とは
貸主が保証人を必要とせず、かつ保証会社にも委託をしないというような物件もあります。
マンスリーマンションやウィークリーマンションで契約する際に保証人を付けない場合が多いようです。
期間が決まっていて、予めその期間内の家賃を支払うなどの場合、保証人不要という事があるようです。
一般的な賃貸借契約では、保証人不要の場合は保証会社との契約が必要となる事が多いようです。

■保証人を自分で立てられない場合
賃貸物件を契約したいけど、何らかの都合があって自分で保証人を立てられないというときに、この保証人代行システムを利用すれば入居可能となる場合があります。
保証人不要と言われる物件であっても、このシステムを利用する選択の幅はぐんと広がるということにもなります。
万が一、家賃の支払いが滞ってしまった場合に保証会社が代わりに支払います。
ですが、代わりに立て替えて支払うというだけで、滞納した借主は立て替えてもらった分を保証会社に返金しなければなりません。
保証会社は専門の会社ということもあり、そのような返金についても厳しく対応されるものであると心得ておきましょう。

賃貸物件の入居には、申し込んだあとに入居審査というものがあります。勤務先や収入、また人柄などを総合的に判断されます。
保証会社についても同じです。金融機関と連携している場合はその審査に通らないこともあります。
保証人不要で入居する場合に限りませんが、契約するときも相手に対しての言葉使いや態度など心証をよくしておくことも大事です。
貸主や不動産会社の方、また保証会社の方にも誠実な言動で対応するようにしましょう。

【関連リンク】

賃貸物件探しで目にする保証人不要とはどんな意味 ページ上部へ戻る