1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. ペットが暮らしやすいペットの飼える賃貸について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットが暮らしやすいペットの飼える賃貸について

ペットと暮らしている人はたくさんいます。今や家族の一員や人生のパートナーとして飼っている人がほとんどです。
持ち家の一戸建てに住んでいるのでしたら、どんなペットを何匹飼おうと自由です。
自由ではありますが、ペットを飼うのもお金と責任が必要ですので、きちんと世話ができる範囲で飼う事が重要です。
ですが、賃貸物件に住んでいる方でしたら、ペットの飼える賃貸物件でないと飼うことは出来ません。
ペット可ではない物件でペットを飼ったら、規約違反になります。
賃貸物件でペットと暮らすには、ルールや近隣住民に配慮をする事が大切です。
ペットにも配慮した環境作りを考えましょう。

ペットが快適に暮らせる部屋とは

ペットには冬の寒さより夏の暑さが大敵です。ペットを長時間留守番させるような方は、注意が必要です。
エアコンで調節することも出来ますが、電気代がかかります。ですので、部屋選びの時から部屋の温度の事を考える必要があります。
たとえば、日当たりと風通しです。
部屋を見学に行く時はなるべく日中にし、晴れの日が好ましいです。部屋の向きを確認してから、日当たりをチェックします。
南向きは日中を通して良い日当たりですが、周りにある建物で違います。
また、北向きは敬遠されがちですが、周りに高い建物がなければ明るさもあり、涼しいというメリットがあります。
それからほとんどの賃貸物件はフローリングになっています。フローリングは掃除がしやすくて便利ですが、ペットの足音が階下に響くことがあります。
また、爪でキズをつけてしまったら、退去時の原状回復にお金がかかる可能性もあります。
それにペットにとっても、滑って足腰の怪我や爪を傷める事もあるので、良い環境とは言えません。
しかし、ちょっとの工夫でカバーできるのです。ペットが遊ぶ場所や歩く場所にラグやカーペットを敷くのです。
ただペットの抜け毛などで掃除が面倒になるだけです。床を痛めずに済みますから、原状回復の費用も助かると思います。
何より、家族の一員であるペットが健康で暮らせるようになることが出来ます。

注意する事

賃貸物件に暮らす時は、なるべく近隣とのトラブルは避けたいものです。
ペットの飼える賃貸物件だからといって、においや汚れ、騒音などに気を付けなければなりません。
もしかしたら、隣の建物に動物嫌いの人が住んでいるかもしれません。
夜中に鳴かせないようにしたり、ベランダでブラッシングをしたり、しないように気をつけましょう。
また、ペットも人間と同じく病気や怪我をします。
近くに動物病院があるかも重要ですので、忘れずにチェックしましょう。

ペットが暮らしやすいペットの飼える賃貸について ページ上部へ戻る