部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしの部屋づくりのコツと注意点について

一人暮らしの部屋づくりのコツと注意点について

一人暮らしの部屋というと、ワンルームタイプや1Kタイプで決して広いとは言えない部屋ですが、出来るだけ居心地の良い部屋にしたいものです。
一人暮らしをする事になった時、部屋探しをしている時など、どんな部屋にしようかと夢を抱いたはずです。
家具や家電を買いに行った時も、これは何処に置こうかと部屋づくりを考えたと思います。
一人暮らしなら特に自分の好きなように、お気に入りの家具で、こだわりの部屋づくりがしやすいのではないでしょうか。
狭い部屋でもきっと、コーディネイト次第で、お洒落で居心地の良い部屋に出来るはずです。
また、一人暮らしの狭い部屋でも広く見せるコツなどがインターネットで検索できますので、参考にすると良いと思います。

■収納術
一人暮らしの部屋の一番の悩みは、収納スペースが少ないという事が言えるのではないでしょうか。
ワンルームタイプや1Kタイプですと、ベッドとソファを置いたら、収納スペースが足りなくなる可能性があります。
そんな時、見落としがちなデッドスペースをうまく活用して、収納場所に変えてしまうコツがあるのです。

【クローゼット】
洋服がたくさんある人は、元からついているツッパリ棒をはずして、市販のツッパリ棒を追加して、上下2段につける方法があります。
しかし、2段にして収納スペースが増えても、また洋服を買ってしまえば収納スペースもいっぱいになります。
できるだけ増やさないようにした方が良いですが、女性なら特にシーズンごとに新しい洋服が欲しくなるものです。
新しい洋服を買ったときは、ずっと着ていなかった洋服を捨てるように心がけると良いでしょう。
また、ツッパリ棒に吊るすタイプのラックは、小物を収納するのに便利です。
さらに、シーズンオフの洋服を圧縮袋でコンパクトにすると、収納スペースが広くなるのでオススメです。

■注意する事
一人暮らしの部屋づくりは、楽しみで夢がふくらむことでしょう。こだわりのインテリアにしようと、部屋づくりの事ばかり考えていては危険です。
一人暮らしには、気を付けなければならない点がいくつかあります。その中の一番の注意点は、防犯です。
せっかくお気に入りの家具で素敵な部屋づくりをしたとしても、防犯面に隙があって危険な目にあったら、元も子もありません。
特に女性の一人暮らしは、部屋探しの時からセキュリティのしっかりした物件を探しましょう。
そして、部屋づくりを楽しみつつ、防犯にも注意した部屋づくりをして行きましょう。
たとえば、カーテン選びです。レースカーテンと遮光カーテンの二重にして、外から見えないようにしましょう。

【関連リンク】

一人暮らしの部屋づくりのコツと注意点について ページ上部へ戻る