部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 楽器演奏ができる賃貸マンションを探す方法

楽器演奏ができる賃貸マンションを探す方法

自宅で音楽を楽しむには、どのような方法があるでしょうか。
たとえば、CDで音楽を聴いたり、DVDで自分の好きなアーティストのミュージックビデオやライブ映像を楽しんだりする方法があります。
そのほかには、CSの音楽チャンネルをテレビでみて楽しむなどの方法があると思います。
音楽好きが講じて、自分で楽器演奏を楽しむ人も少なくないでしょう。
これらの方法で音楽を楽しむには、近隣への騒音に気を使うことがあります。
楽器演奏をするなら、その問題は特に気になります。
CDやテレビなら音量を下げてみたり、ヘッドフォンを利用したりと音を外に漏らさない方法があります。
しかし、楽器演奏ならばそれは難しく、思いっきり楽しむことができません。
また、マンションやアパートなどの集合住宅なら余計に気を使います。
誰にも気を使わず、楽器演奏を楽しむためには、どのようなマンションを選べばよいのでしょうか。
それを知っておくと、プライベートの時間を有意義に過ごすことができるでしょう。

■「楽器可」という条件
楽器の音というのは、聞く人によって騒音に感じるかどうかが分かれます。
騒音に感じる人なら、その演奏が上手い下手に関わらず不快に感じてしまうのです。
そのため、賃貸マンションには「楽器可」もしくは「楽器相談可」という条件で分類される物件があるのです。
そのマンションは、壁や床、窓にまで防音に配慮した設備や材質が用いられ、外への音をシャットアウトすることができるのです。
そういう物件なら、近隣の人に気を使うことなく楽器演奏を楽しむことができます。
しかし、場合によっては演奏可能な楽器の種類が限定されているマンションもあるので、お部屋探しの際にはきちんと確認をしましょう。
楽器演奏が可能なマンションとは、どういった場所で特に需要が高いのか考えてみましょう。
それは、音楽大学や音楽専門学校に近い場所だと考えられます。
音楽大学の学生は、学校でのレッスンだけでは事足りず、自宅でも練習をする人はたくさんいます。
その楽器にはどのようなものがあるか考えてみましょう。
自宅での楽器演奏というと、ピアノやギターが思いつくでしょう。
しかし、プロの演奏家を目指す音大生は、金管楽器や木管楽器、そして弦楽器や打楽器などたくさんの種類の楽器を演奏するのです。
もし、自分の演奏したい楽器が制限されているマンションばかりで、探すことが難しい場合は、音楽大学の周辺で探してみるのもよいでしょう。

このように、自宅マンションで趣味の楽器演奏が楽しめたら、日々の生活の潤いになるのではないでしょうか。

【関連リンク】

楽器演奏ができる賃貸マンションを探す方法 ページ上部へ戻る