部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 寒冷地旭川市での一人暮らしの費用を節約するには

寒冷地旭川市での一人暮らしの費用を節約するには

北海道は雄大な自然に囲まれており、自然に溢れる土地ならではの多くの特産物や観光名所があります。
そのため、国内有数の人気の観光スポットとなっており、国内国外を問わず、多くの観光客が訪れています。
そんな魅力溢れる北海道にあるのが、旭川市です。
北海道内では札幌市の次に人口が多い都市となっています。
旭川市で一人暮らしをするとなったら、どのようなメリットがあるのでしょうか。
今回は旭川市で新生活を送る際についての、特徴についてご紹介したいと思います。

■旭川市の気候
北海道は雪が多く降り、冬は寒さが厳しいとのイメージを多くの方がお持ちではないでしょうか。
そこで暮らすとなると、最も気になるのは気候のことだと思います。
旭川市の気候についてですが、夏季は暑く、冬季は道内でも指折り数える寒さを誇ることで知られています。
しかし、吹く風は弱いため、冬に吹雪くことは滅多にありません。
また、梅雨がない影響で、雨が降る量も全国の平均の半分ほどです。
その寒さ厳しい気候から、旭川市での一人暮らしをする際は寒冷地仕様の暖房設備が必須となります。
暖かさの面でみると、灯油ストーブが一番でしょう。しかし、燃料代や灯油をタンクに入れる手間などもあります。
一人暮らしなので、少しでも生活費を安く済ませたいという方も多くいらっしゃるでしょう。
家賃は多少掛かっても、部屋に高性能な断熱材が入っていて、二重構造になっている扉が設置されている物件もあります。
そのような防寒対策が充実している物件でしたら、高熱費を節約することができます。
家賃が安い物件で暖房費をかけるか、少し高めの物件を選んで暖房費を抑えるか、部屋探しの際に考慮するとよいでしょう。

■一人暮らしをする際の費用
旭川市で一人暮らしをするとなると、家賃の相場はどれくらい必要となってくるのでしょうか。
一人暮らしをする方には、ワンルームタイプや1Kタイプのお部屋が適しています。
ワンルームや1Kタイプの家賃の相場は、3.5万円から4万円前後となっています。
また、もう少し広いお部屋ですと、1LDKタイプや2DKタイプがあります。
こちらの家賃は5万円から5.5万円前後が相場です。
1LDKタイプや2DKタイプのお部屋でも、比較的家賃が手頃となっているのが特徴です。
経済的に余裕がある方や、少し広めのお部屋に住みたいといった方は、1LDKタイプや2DKタイプの物件を選んでみてもよいでしょう。
寒さが厳しいとされる旭川市ですが、冬季以外は過ごしやすいのが特徴です。
また、北海道ならではの多くの自然に囲まれ、人口も多いので住みやすい土地といえるでしょう。

【関連リンク】

寒冷地旭川市での一人暮らしの費用を節約するには ページ上部へ戻る