部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件探し世帯形態によって異なる間取りを選ぶコツ

賃貸物件探し世帯形態によって異なる間取りを選ぶコツ

アパートやマンション、また一戸建てなどの賃貸物件探しを経験したという人も多いと思います。
また、これから経験するという人もいるでしょう。
結婚を期に新しい新居を探したり、学校や仕事の都合で引っ越しをしたりと理由はさまざまです。
今まで生活してきた家を離れて新しい環境で生活することは、地域が変われば一層不安も伴います。
一人暮らしなどの単身者やカップルや新婚世帯、ファミリー世帯など世帯形態によって選ぶ物件は異なります。
個人個人の生活リズムに合った賃貸物件探しをする為に、間取りを選ぶコツをいくつか紹介したいと思います。

■賃貸物件探しの間取りの選び方

【一人暮らし向け賃貸物件探しコツ】
一般的に一人暮らし向け物件というとワンルームを想像する人も多いでしょう。
部屋が一つの場合でも種類があります。
ワンルームは部屋にキッチンがあり扉で仕切られていないお部屋のタイプのことです。
昼夜問わず忙しい、主に寝るだけという人にお勧めのお部屋です。
1Kは部屋にキッチンがあり、居住スペースと扉で仕切られているお部屋のタイプを言います。
間取り図に記載されている広さがそのまま居住スペースになります。
キッチンに扉があるかないかで居住スペースも変わっています。
1DKはダイニングキッチンに広さがあるタイプです。
ゆっくり料理を楽しみたい人など、キッチンスペースと居住スペースを分けたい人にお勧めです。
女性は男性より比較的匂いに敏感なため、キッチンスペースと居住スペースを別にしたいと思う人が多いでしょう。
その為、単身の働く社会人などに人気がある間取りとなっています。

【カップル、新婚世帯向け賃貸物件探しコツ】
カップルなど二人で生活する場合は居住スペースが広い方が暮らしやすいでしょう。
1LDKはリビングダイニングキッチンが広いタイプです。
その為、もう一部屋を寝室などに独立して使用することができます。
リビングダイニングで食事をし、もう一部屋を生活部屋に使用するということになります。
少し狭いと感じる人もいるかもしれませんが、家具などの配置によっては広く使える場合もあります。
2Kや2DKはキッチンがある部屋以外に独立したお部屋が2つあるタイプです。
こちらのお部屋だと二人でも広々生活でき、将来子どもが産まれた場合でも居住スペースは作れるでしょう。
広い空間で暮らしたい人にお勧めの間取りです。

【ファミリー向け賃貸物件探しコツ】
子どもがいる世帯では部屋の広さだけでなく、部屋の数も気になるポイントです。
2LDK以上のタイプが良いでしょう。
キッチンの部屋以外に独立したお部屋が何部屋必要か、部屋数で間取りが変わります。
部屋数が増える分、家賃も高くなる傾向が高いので金額を踏まえて決めるようにしましょう。

【関連リンク】

賃貸物件探し世帯形態によって異なる間取りを選ぶコツ ページ上部へ戻る