部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 女性専用マンションや内装にこだわりをもった物件が増えた理由

女性専用マンションや内装にこだわりをもった物件が増えた理由

たくさんのアパートやマンションがある日本ですが、最近では賃貸物件に借り手がつかず、空き家になっている場所が増えているようです。
少子化や不景気など原因はさまざまですが、一番大きな原因は人口が減ったのに対し、賃貸物件は増えたことだと言われています。
しかし、これは悪いことばかりではありません。
需要に対して供給が大きすぎる現状は、借りる側にとって有利になるのです。
では、どういったことが有利になるのでしょうか。

■家賃が安くなる
貸す側から見ると、長い間空き家が続いてしまうと、その間家賃収入がありません。
家賃収入がないということは利益がゼロになってしまいます、これはとても勿体ないことです。
ですから、入居者が入らない場合はなんとか入ってもらおうとアパートやマンションの家賃を下げる努力を貸す側がします。
以前は需要が高かったので、貸す側が家賃を高めに設定したとしても、入居したいという人が大勢いました。
しかし、逆転してしまった今では、貸す側が借りてもらえるように努力をする必要があるのです。

■借りる側のニーズに合わせる
最近は貸す側も、借りる側のニーズに合わせてさまざまな努力をしています。
例えば、マンションのセキュリティーを高くして、設備や内装に力を入れるようになりました。
最近では女性をターゲットにした、女性専用マンションなども増えています

【女性専用マンション】
女性専用マンションとは、その名前の通り女性だけが住めるマンションです。
オートロックや防犯カメラが必ず設置されており、物件によっては二重施錠の場所もあります。他の物件に比べてセキュリティーがしっかりしているのが特徴です。
住んでいる人はみんな女性なので、男性が苦手な方にも安心して暮らすことが出来ます。
また、設備も女性目線で設置されているので人気が高いです。
たとえばシャンプードレッサーやキッチンの設備が整っていたり、玄関やお風呂場、室内に鏡が備え付けられていたりします。
外観や内装も女性向けに設計されているので、気に入る人が多いでしょう。

【さまざまな設備の導入】
今はインターネットが必要不可欠な社会になりました。その為賃貸物件にもほとんどの場所でインターネット回線を導入し、すぐにインターネットを利用できる環境を作っています。
他にも、間取りに気をつかい、古い物件はリノベーションすることで内装を綺麗にして借りてもらえるようにします。
賃貸物件は以前よりも、借り手側が物件を選びやすくなりました。借りるなら今が丁度いい時期と言えるかもしれません。

【関連リンク】

女性専用マンションや内装にこだわりをもった物件が増えた理由 ページ上部へ戻る