部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多のマンションで同棲生活をする場合の注意点

博多のマンションで同棲生活をする場合の注意点

博多でマンションを探す人には、どんな人がいるでしょう。
就職や進学をきっかけに、博多で新生活を始める人がいると思います。
また、結婚して新たにマンションを探す人もいるでしょう。
そのなかには、カップルが同棲生活をするためにマンションを探す場合もあると思います。
カップルで生活する場合、単身者や家族での生活にはない注意点があるでしょう。
それは生活だけでなく、マンションを契約する場合にもあると思います。
博多で同棲生活を始める場合、どのようなことに注意したらよいのかを知っておくことが必要です。

■「同棲生活」イコール「他人との共同生活」
まず、マンションを賃貸契約する場合の注意について考えてみましょう。
カップルの場合、結婚している夫婦とは異なり、二人の姓は別になります。
賃貸契約をする場合、保証人を立てる必要がありますが、そこに注意が必要です。
一人の名前でマンションの賃貸契約をする場合でも、別姓の人が二人で住むのなら、保証人を二人分立てる必要があるのです。
それが面倒だからといって、二人で住むことを不動産会社や大家さんには伏せて契約するということはしてはいけません。
なぜなら、賃貸マンションの中には「同棲禁止」をうたっているマンションもあるからです。
同棲生活のためにマンション探しをするなら、物件のルールに従った生活を送れるように、きちんと借り手の家族構成や環境を伝えることが大切なのです。
そして、同棲を長続きさせるには、間取りにもこだわってみましょう。
カップルといっても他人同士の生活なのだから、不協和音が生じることもあるでしょう。
そういう場合には、一人の時間が大事になることもあります。
仕事など外でのストレスを相手にぶつけてしまってはいけません。
仲の良いカップルであっても、生活のバランスをすべて一緒にすることはできないのです。
ワンルームや1Kのマンションで、一人の時間を作るのはきっと難しいでしょう。
そのため、2DKや2LDKなどそれぞれのプライベートな時間を過ごせるような間取りの部屋を選びことが大切です。
博多区内には、賃貸マンションの物件数が豊富にあります。
家賃を安く済ませることも必要だと思いますが、快適に同棲生活をするのであれば間取りが狭いお部屋ではなく、少し広めのマンションを選ぶ事をおすすめします。
また、博多にはショッピングやスポーツ、遊びや娯楽などデートを楽しめる環境がたくさんあります。
住まいを一緒にしてしまうと、それだけで安心して外に出ることが少なくなってしまう場合もあるでしょう。
そういう場合は、二人で外に出て、趣味を共有したり、デートを楽しんだりすることも大切です。

【関連リンク】

博多のマンションで同棲生活をする場合の注意点 ページ上部へ戻る