部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らし用洗濯機を購入する前に確認しよう

一人暮らし用洗濯機を購入する前に確認しよう

一人暮らしをするにあたって、家電製品を買い揃える人も多いでしょう。
その中で洗濯機は必要な家電のひとつです。
洗濯機には多彩な種類があり、購入する際に迷う人も多いと思います。
大きさや機能などによって、価格も手軽なものから高いものまで幅広くあります。
一人暮らし用の洗濯機を購入するに当たっての注意点について紹介したいと思います。

■一人暮らし用の洗濯機を購入するにあたって

【置き場所を確認する】
アパートやマンションなどの賃貸物件には洗濯機置き場がない場合もあります。
物件を探す時に洗濯機置き場を確認する必要があります。
室内に置くタイプの部屋とバルコニーなどの外に置くタイプの部屋がありますが、なるべく室内に置ける部屋を探しましょう。
なぜなら、外に洗濯機を置いておくと雨や風に当たって寿命が短くなる場合があるからです。
新しく購入するなら長く使いたいと多くの人が思うでしょう。
置き場所によって、洗濯機の寿命が変わると言えます。

【置き場所の広さを確認する】
洗濯機を置く場合、スペースぴったりに置くのではなく、余裕を持って置くようにしましょう。
蛇口やコンセントの位置、ホースをまとめて置くスペースも考えて決めましょう。
脱水や乾燥の時など、特に洗濯機が揺れます。
スペースぴったりに置くと壁にあたって騒音の原因にもなるので、気をつけることが大切です。

【搬入する場所を確認する】
アパートやマンションの場合、入り口やエレベーターなどの搬入する経路を確認して、ドアの大きさを把握しておきましょう。
洗濯機を運ぶ時に、万が一通らないことがないように防ぐことが大切です。

【洗濯物を干す場所を確認する】
バルコニーなどの設備があるか確認しましょう。
ない場合は、室内干しをすることになります。
室内に洗濯物を干すスペースがあるか見ておきましょう。

■一人暮らし用の洗濯機の容量や機能を選ぶ
一人暮らしの場合、洗濯機の容量は洗濯する頻度によって違います。
毎日まめに洗濯する人は容量が小さい4キロでも大丈夫でしょう。
一週間に2回くらい洗濯する人は5キロでも良いでしょう。
一週間に1回まとめて洗濯する人は6キロ以上が良いでしょう。
自分の洗濯する頻度を考えて、選ぶことが大切です。
乾燥の機能も人によって必要か違うものです。
室内干しの場合や、早く乾かしたい場合などに早く乾く機能は役に立ちます。
洗いから乾燥まで短時間でやってくれる洗濯機もあるので、忙しい人や短い時間で終わらせたい人にお勧めです。

【関連リンク】

一人暮らし用洗濯機を購入する前に確認しよう ページ上部へ戻る