部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしでも一軒家など広い部屋に住みたい

一人暮らしでも一軒家など広い部屋に住みたい

都心部では、一人暮らしの際にはなかなか広いお部屋に住むことはできません。
都心部は土地代が高いために家賃相場も上がり、広い間取りのお部屋はあるもののなかなか予算に見合うことがなく諦めてしまう人が多いのです。
狭いお部屋では少ない収納や家具の配置で悩むことも多く、家族が遊びに来ても泊めてあげるスペースもありません。
一人暮らしでも広いお部屋に住みたいと思っている人は多いのですが、実際はワンルームタイプや1Kタイプに住む人が多くなっています。
広いお部屋で得られる快適性は大きいです。
思い切って郊外へでて、広いお部屋で暮らしてみてはいかがでしょうか。

■広いお部屋に住むメリット
一人暮らしの人もそうでない人も、広いお部屋に住むことで快適な生活を送ることができます。
都心部の集合住宅の中には、狭いお部屋の上に、窓を開けても景色は隣の建物の壁である場合もあります。
ほとんどお部屋に帰らないような生活の人でしたら問題はないかもしれませんが、休日など部屋で過ごす時間がある人なら、窮屈で息苦しくストレスがたまりがちです。
広々とした部屋は、住人の心に余裕を生み、健康的に過ごすことができます。
また、インテリアも自由です。
ワンルームタイプや1Kタイプでもインテリアを楽しむことはできますが、家具の大きさや配置には限度があります。
お部屋の大きさに制限されずに好きな家具を選ぶことができるでしょう。
もう一つ、広いお部屋に住むメリットは、用途によってお部屋や空間を使い分けられることです。
寝室、リビングルーム、書斎など、自分の生活スタイルに合わせて部屋を自由に使い分けることが可能です。

■一人暮らしでも一軒家に暮らす
郊外へ出れば、都心部のワンルームタイプや1Kタイプと同じような家賃で一軒家を借りることができます。
一軒家で一人暮らしをすることは、創作活動をしていて広い空間を必要としている人や農業をしている人に人気があります。
都心部で活動している若いアーティストは、作品をつくる場所に困っています。
芸術大学や建築大学で学ぶ学生も同様の悩みを抱えている場合が多いので、郊外の一軒家はおすすめできます。
また、友人や家族を呼んでお食事会をするなどさまざまな可能性が増えるため、毎日を充実させたい人にも向いているかもしれません。
一人暮らしで一軒家に住むと、少し掃除が大変ですが、それ以上の価値を見出せる人には最高の物件です。

都心部での便利な生活も捨てがたいですが、一人暮らしの狭いお部屋に不満を感じているのでしたら、郊外に出て広いお部屋を選んでみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

一人暮らしでも一軒家など広い部屋に住みたい ページ上部へ戻る