1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. インターネットを活用して一人暮らしのお部屋選びをしよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットを活用して一人暮らしのお部屋選びをしよう

ココがPoint!

これから進学や就職で一人暮らしを始める人も多いとおもいます。
親元から離れて生活できるのはとても不安と期待でいっぱいだと思います。
今まで当たり前の生活を自分でしていかなければいけないのです。
特にお料理が始めの人もいるでしょうし、洗濯もあまりしてこなかった人も少なからずいるでしょう。
最初はだれでも出来なかった家事が出来るようになるので、焦らず毎日の生活を楽しみましょう。
一人暮らしのお部屋選びはタイプもあるので、間取り図を見ながらチェックしていきましょう。

間取り図

一人暮らしの賃貸情報は、インターネットを活用するとたくさんあります。
間取り図を見て決めていくと思いますが、どんなことに気をつける事が大事なのでしょうか。
一人暮らしのお部屋は一般的にワンルームタイプがちょうど良いサイズで人気となっています。
ワンルームタイプですとお部屋とキッチンとの間に仕切りがないものになっています。
1Kタイプですとお部屋とキッチンが仕切られているため、生活にメリハリができます。
一人暮らし用のお部屋は20平米前後のお部屋が多くなっているようです。
20平米とはだいたいお部屋が6帖から8帖となっています。

もう一つ見るポイントがあります。
間取り図に洗濯機と冷蔵庫と書いてあるものはそこの場所に、家電用品を設置できる場所となっています。
そのためお部屋をスッキリ見せることができます。
もし書いてないようであれば逆に置く、スペースが狭いと考えてもいいでしょう。
一人暮らしの部屋選びでは収納も重要となってきます。
一人暮らしの間取り図で収納を見るとき、押し入れが長方形なら約1畳分となります。
自分の持ち物が多い人は荷物を収納するにはお部屋に置かず、収納場所に入れられるのでスッキリするでしょう。
また、正方形なら約半間分となります。
比較的荷物が少ない人にはちょうど良いサイズのお部屋といえるでしょう。
暮らしていくうちにシーズンごとの洋服が増える可能性もあるので、注意が必要です。

設備

お部屋選びをして一人暮らしを快適に暮らしていくには、設備も揃えられているのがいいでしょう。
最近はエアコンやオートロック、インターホン付きテレビ電話が標準で付いているものがあります。

また、ガスの種類は都市ガスとプロパンガスがあります。
比較的都市ガスが安いという声が多いようです。
賃貸物件探しは情報が必要になります。
インターネットを活用して一人暮らしの間取りを写真付きで、見れるのでとても便利となっています。
インターネットがない人は不動産を利用して積極的に良いお部屋を探してもらいましょう。

インターネットを活用して一人暮らしのお部屋選びをしよう ページ上部へ戻る