部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 染物の伝統工芸が伝わる埼玉県羽生市の魅力と賃貸について

染物の伝統工芸が伝わる埼玉県羽生市の魅力と賃貸について

埼玉県の北東に位置している羽生市は、5万5千人ほどが暮らしている都市です。
伝統工芸の青縞(あおじま)という葵染物は、江戸時代から伝わっており現在も生産されています。
古くからの伝統を守り続けている羽生市は、住宅と田畑の多い穏やかな地域です。
羽生市には電車が通っており、電車を利用すればさいたま市へ行くことができます。
さいたま市経由で東京に行くこともできるでしょう。

■羽生市の魅力

【環境】
自然が豊かな羽生市は、近くに大きな河川が流れ、ゆっくりとした時間の流れる地域です。
高い建物が少なく、広い田園が続いているので遠くの山々を眺めることが出来る開放感のある土地でもあります。
都会のように建物が乱雑に並ぶ場所や、喧騒などがほとんどありませんから、静かに暮らすにはもってこいの環境といえるでしょう。
若者には少し物足りないかもしれませんが、子育てするのには最適な環境です。
自然が多いので空気が綺麗ですし、車が少ないので交通事故が少なく、適度な自然はのびのびと子供を育てることが出来るでしょう。
田園と住宅がほとんどの羽生市は、繁華街や風俗店などがないので治安がとてもいい場所です。
子供のいる家庭だけでなく、犯罪に狙われやすい女性の一人暮らしも安心して暮らすことができる地域ではないでしょうか。

【買い物】
地元の商店街やスーパーでは、安くて新鮮な地元で収穫した食材を取り扱っています。
大型のショッピングセンターもあるので、買い物に不便することはないでしょう。ホームセンターなどの日曜大工ができる商業施設も揃っています。
羽生市は車社会となっていますから、車がないと気軽に買い物することができない可能性があります。
バスや電車は本数が少ないので、可能なら車を用意しましょう。
また、車を利用するなら、賃貸物件を探す時は駐車場付きのものを選びましょう。

■家族で暮らす賃貸
子供のいる家庭なら、賃貸物件を借りる場合広い間取りの物件を探す必要があります。
子供が小さいうちは、親子揃って寝ることも出来ます。
しかし、子供が成長するにつれ家族であっても、それぞれのプライバシーを守る必要があるのです。
その為にも、親子で暮らすなら子供部屋が必要となります。
母親と父親、そして子供の3人家族なら、賃貸物件は2LDKから3DKのものを借りたいところです。
最近ではファミリー向けの賃貸物件の特集を組む不動産会社もありますから、インターネットを駆使して希望の賃貸を見つけましょう。

【関連リンク】

染物の伝統工芸が伝わる埼玉県羽生市の魅力と賃貸について ページ上部へ戻る