部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 初期費用なしの中身を理解して賃貸探しをしてみよう

初期費用なしの中身を理解して賃貸探しをしてみよう

賃貸物件で暮らしたことがある人はどれくらいいるでしょうか。
多くの人は「ある」と答えるはずです。就職や進学で地元を離れて一人暮らしをする場合は、賃貸物件を借りるケースが一般的になります。
賃貸物件で暮らしたことがある人は分かると思いますが、お部屋を借りる時には初期費用がかかります。
初期費用なしの賃貸物件をたまに見かけます。それは「敷金」「礼金」がゼロのことを言っている不動産会社も多いそうです。

■初期費用でかかる費用
そもそも初期費用が一体何なのか、みなさんご存知ですか。
多くの人はよく分かっていないのではないでしょうか。支払わなければいけないから払ったという人は多いと思います。
初期費用とは、賃貸物件を借りる際に必要になる費用のことを言います。
初期費用の代表的なものは、敷金や礼金です。これは多くの人が聞いたことがあるのではないでしょうか。
通常、敷金や礼金は1から2ヶ月分かかると言われています。
しかしペット飼育可能マンションの場合、通常よりも1ヶ月分多くかかるケースが一般的です。
室内でペットを飼うと、臭いやキズがつく可能性が高くなります。退去時生じる原状回復は敷金からあてられることが一般的なので、ペットを飼育する場合は多めにとられるそうです。
他に考えられる初期費用は仲介手数料です。仲介手数料は、お部屋を紹介して契約までの手続きをしてくれた不動産会社に対して支払うお金です。
それから、保険料も初期費用に含まれます。賃貸物件を借りる際には、火災保険に必ず加入しなければいけません。
他にも鍵交換代などがかかる場合があります。
思っているよりも支払うものがたくさんあり、驚いている人も多いのではないでしょうか。
「初期費用なし」という言葉に踊らされることなく、しっかり中身を理解するようにしなければいけません。
敷金や礼金は無料であっても、保険料は必ず必要な費用になります。
もし分からないことがあれば、自分で調べてみるのもいいでしょう。今の時代インターネットは私たちの生活に欠かせないものの一つになりました。
インターネットで初期費用を調べると、詳しく説明してくれているサイトがたくさん出てきます。
また、初期費用なしの賃貸物件を調べることも可能です。初期費用なしの賃貸物件とは、どのようなお部屋なのか調べてみるのもいいでしょう。
そして分からないことは直接不動産会社に足を運び、聞いてみて下さい。
営業マンはその道のプロなので、きっと分かりやすく説明してくれるはずです。

【関連リンク】

初期費用なしの中身を理解して賃貸探しをしてみよう ページ上部へ戻る