1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 部屋選びする前にポイントを知っておくと便利です
このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋選びする前にポイントを知っておくと便利です

進学や就職などの新生活をスタートさせるにあたり、部屋選びが大事になってきます。
部屋探しには、どんなことに気をつければよいのか、いくつかのポイントを紹介していきたいと思います。

部屋選びの前にイメージしてみる

まず、どんな部屋に住みたいのかをイメージします。築年数や室内の仕様は床がフローリングか畳かなどなるべく具体的にイメージします。
どちらが良いのかは人それぞれの好みにもよりますが、畳の部屋は築年数が古いものに多いようです。
また、ロフト付きの部屋や、家具や家電も完備されているような部屋などもあります。
ロフト付きの部屋は、ロフトの部分を収納スペースや別の居住スペースとして使用できます。
家具や家電が完備されていれば、自分がそれぞれ準備する手間は省くことができます。
自分にとって何が大事なのかをはっきりさせておくことが部屋選びのポイントとなります。

イメージがまとまったら

だいたいのイメージが決まったら、次は不動産会社にメールや電話などで連絡を入れます。
また、不動産会社にも特徴があります。インターネットでも賃貸の部屋情報を掲載しているような不動産会社は、独自のネットワークを持っています。
そして、持っている部屋情報の数も大変多いです。希望の条件が絞りきれない場合には、多数の部屋情報の中からより希望に近いものを探してもらえるという利点があります。
一方、地域に根ざした不動産会社は、地域の情報にも詳しく古くかその地域で経営していることが多いです。
住みたい地域が決まっているという場合には、このような地元型の不動産会社が向いていると言えます。
ご親族で経営しているケースがほとんどで、ゆっくり雑談を交えながら部屋探しをすることができます。
不動産会社に連絡を入れるときに、その部屋のどこが気に入ったのということを伝えられるようにすることもポイントです。
もし、その物件にもう借り手がついて空いていないというときでも、同じような条件を備えた部屋を用意しておいてくれることがあるからです。

内見の準備をする

無事に不動産会社に連絡がついたら、次は実際に部屋を内見する準備をしましょう。
遠方まで内見をしに行くという場合なら、バスや電車などの交通機関の下調べも必要です。
複数の部屋を内見する予定があれば、見る順番や一件あたりの必要な内見時間もきちんと把握しておいた方が良いでしょう。

部屋選びをするときには、実際の住んでからのことも大事です。
光熱費も、寒冷地では特に冬場のガス代や電気代が高額になる場合が多いです。
部屋選びをするときには、実際の住んでからのことも大事です。そして年間で見た生活プランを立てることがポイントとなります。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

部屋選びする前にポイントを知っておくと便利です ページ上部へ戻る