部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパート借りる時の費用を把握することが大切

アパート借りる時の費用を把握することが大切

お部屋を借りる時、何が必要か考えたことはありますか。
日々の生活費をイメージする人や家賃だけを支払うイメージを持つ人、様々な印象があると思います。
しかし、実際は賃貸契約時に必要な費用を支払わなければなりません。
大雑把に分けると、契約時には敷金や仲介手数料、火災保険料や入居月の約1ヶ月分などの費用が必要になります。
これらのようなまとまったお金が必要となるため、引っ越しを検討し始める頃には準備しておくと大変便利と言えるでしょう。
では、具体的にどういった費用がかかるのかご紹介していきます。

■準備する目安は家賃の6ヶ月分
アパートを借りる場合、およその費用として知られているのが家賃の6ヶ月分です。

○敷金(0〜2ヶ月分)
入居前に、大家さんに預ける費用で、退去する時には戻ってくるお金です。
家賃滞納や部屋の補修などの必要がある場合は、その預けたお金から差し引かれることになります。

○礼金(0〜2ヶ月分)
入居する際に、大家さんへのお礼として支払うお金です。
お礼の費用は、物件により異なります。

○仲介手数料(約1ヶ月分)
契約を交わす際に支払うお金です。
大家さんとの仲介をしてくれる不動産会社へ支払うお金です。

○前家賃(1ヶ月分)
家賃を支払う時には、翌月の分を支払う形が一般的です。
ですから、当月に入居であれば翌月分の家賃を納める必要があります。
以上のことから、およその費用が把握できます。
他にも、鍵の交換をするケースも増加しています。
アパートを借りる際には、これだけの費用がかかります。

■引っ越し費用
入居する時には、引っ越しの費用なども考えなくてはなりません。
アパートの広さや、荷物の量にもよって異なりますが引っ越し会社によっても差がでることがあります。
目安としては、1人暮らし向け用のワンルームタイプやIKタイプであれば、約3万円から6万円前後と言われています。
見積もりが無料の引っ越し会社が増えていますので、何社かに依頼して見積もりを出してみることをお勧めします。

電話で聞くこともできますが、最近ではインターネットを利用する人が増えてきました。
気軽に利用できるインターネットを活用して、見積もりを依頼することができます。
仕事から帰ってから空いた時間で利用できるので、大変便利なツールと言えます。

アパートを借りる時には、自分の予算に見合った物件を探すことが大切です。
理想の物件を見つける事ができても、家賃が予算オーバーしていると、ゆとりある暮らしを送ることはできません。
アパートを借りる時には、自分の予算に見合った物件を探すことが大切です。
費用を把握することで、理想の暮らしができると言えるでしょう。

【関連リンク】

アパート借りる時の費用を把握することが大切 ページ上部へ戻る