1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 部屋探しをする為の3条件のおすすめポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋探しをする為の3条件のおすすめポイント

賃貸物件を探す場合、自分の生活スタイルにあった部屋探しをすることが大切です。
住居は生活の中心になります。
そのため、建物の立地はとても重要なものと言えるでしょう。
生活リズムに合う、暮らしやすい環境を手に入れる為に慎重に部屋探しをすることをおすすめします。

立地を確認しよう

部屋探しに重要な立地は現地に下見に行き、自分の目で建物の造りや周辺の環境を確認することが大切です。
建物の外観の造りと内側の造り、それぞれ詳しく見ましょう。
間取り図と合っているかどうかはもちろん、汚れカビはないかなど不備な箇所がないかを見ます。
周辺の環境も把握することが大切です。
大きな騒音や異臭はないかなど、立地は良いかを確認します。
学校や会社が近いエリアだと、通勤通学時間を短縮することができます。
電車やバスなどの交通機関を利用する人は、駅周辺の物件などおすすめです。
食品や日用品は誰でも簡単に手に入れたいと思うでしょう。
そのため、買い物できる店があるかないか、主婦などにとって重要視される条件と言えます。
コンビニやスーパー、商店街などが近くにあれば買い物が楽にできます。
子どもがいる家庭なら学校や病院などの施設もあれば利便性があるでしょう。
女性なら治安も気にすると良いでしょう。
駅やバス停などに向かう道など、普段歩く道の治安を確認しておくことで居住後安心できるかもしれません。

家賃を確認しよう

部屋探しをする場合、家賃を設定することが大切です。
収入にあった家賃配分をすることで、無理のない生活を送ることができるでしょう。
一般的に家賃は月収の3分の1または4分の1と言われています。
生活しているとさまざまな出費が発生します。
食費や水道光熱費、交際費や通信費など発生しますが、家賃は大半を占めます。
収入が少ない人は4分の1くらいに抑えるといいかもしれません。
自分が毎月支払える金額を決めましょう。

■間取りを確認しよう

間取りは世帯の形によって選び方が違います。
シングル、カップル、ファミリーによって必要とする部屋数が違うので、何部屋必要かによって家賃も変わります。
シングルの場合1つの部屋でも生活できますが、キッチンに扉があるかないかでも部屋のタイプが違います。
カップルなどは2つ部屋があれば居住スペースを広くとることができるので、ゆとりが持てるでしょう。
将来、子どもを考える人にもおすすめです。
ファミリーは子ども部屋も必要となる場合があるので、2つまたは3つの部屋が必要になるかもしれません。
暮らしやすい居住スペースを考えましょう。

部屋探しをする為の3条件のおすすめポイント ページ上部へ戻る