部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸アパートマンションを退去時まできれいに使おう

賃貸アパートマンションを退去時まできれいに使おう

賃貸のアパートやマンションに住んでいる人も多いのではないでしょうか。
賃貸アパートマンションは、お部屋さがしや契約までが大変と思われていますが、実際に住んでみるとさまざまな悩みが生まれるものです。
その中の一つに、原状回復があります。

■賃貸アパートマンションの悩み【原状回復義務】
賃貸アパートやマンションを契約する際には、原状回復義務と言うものがあります。
原状回復義務とは、退去時には、入居前のお部屋の状態に戻して返してくださいという意味です。
そのため、入居中にお部屋の設備を壊してしまったとしたら、きちんと修理してから退去しなければなりません。
場合によっては、その修理費用を契約時に預けている敷金から差し引かれることもあります。
設備を壊してしまうといったことはめったに起こらないことですが、壁や床に大きな傷をつけてしまって困ったことはないでしょうか。
特にフローリングの床は傷がつきやすく、一度付いてしまうと自分自身ではなかなか補修できるものではありません。
もちろん生活している間に多少の傷は付くものなので仕方ありませんが、特に新築物件では大きな傷や凹みは目立ってしまいます。
このような傷は、固いものを落としてしまうことで付くほか、一番多い原因として家具や家電が挙げられます。
引っ越しや模様替えで、重いものを引きずることによって傷が付くことが多いのです。

■賃貸アパートマンションの床を守ろう
では、賃貸アパートやマンションの壁や床を傷つけずに生活するためにはどのようにすればよいのでしょうか。
自分自身で引っ越しすると壁や床を傷つけてしまう可能性が高いので、引っ越し業者に依頼すると安心です。
家具や家電を搬入する際に布やプラスチック製のダンボールで養生してくれます。
引っ越し業者によっては、搬入前にお部屋の傷汚れチェックを行うところもあります。
また、お部屋のインテリアが趣味で模様替えをする人も多いと思います。
その際に家具や家電を引きずってしまうと大きく深い傷が付く原因となります。
傷防止のために、ベッドやテーブルの足の下にはクッション性のある布などをはさんでおくと良いでしょう。
ホームセンターなどで、専用のクッション材が売っていますのでそちらを利用することもできます。
重い家具の他、頻繁に移動するいすの足にもつけておくと安心です。
下にカーペットやマットなどを敷いても効果的です。
入居する際にこのような対策をとっておけば、傷をつける心配をせずに毎日の生活を送ることができます。

【関連リンク】

賃貸アパートマンションを退去時まできれいに使おう ページ上部へ戻る