部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件での初めての一人暮らしで家具と家電を揃える

賃貸物件での初めての一人暮らしで家具と家電を揃える

初めて賃貸アパートや賃貸マンションを借りての一人暮らし。何もない部屋に自分の好みで物を揃えていく。
新しい生活に向けての家具や家具選びはとてもワクワクするものです。でも浮かれてアレもコレもと何も考えずに購入してしまうと、後から後悔することになりかねません。
家具や家電を揃える前に何が必要なのか、何に気をつければいいのか注意点をまとめてみました。

■欲しい家具や家電の優先順位を決める
初めての一人暮らしでは、自分の生活に何が必要で何が不要なのかよく分からないことが多いようです。
とりあえず、と思いつくものを一通り買い揃えてしまいがちです。そうすると部屋は狭くなるし、買ったはいいが一度も使わないという物も出てきます。
そこでまず欲しい物のリストを作り、その中で優先順位をつけましょう。絶対に必要な物と、あったら便利な物。無くても困らない物に分けて考えると、家具や家電選びはぐっと楽になります。
必要最低限なものからスタートして、生活のリズムが出来てから必要だと思う家具や家電を揃えていきましょう。

■部屋のサイズを測る
せっかく買った家具や家電も、いざ設置しようとしたときに置きたい場所に置けないと困ります。そんな事の無いようにキチンとサイズは測っておきましょう。
各部屋の出入り口の幅と高さ、柱などの出っ張っている部分や窓の高さ。それに加えて賃貸アパートなどなら、家具や家電を搬入する玄関口や階段やエレベーターの幅も測っておきましょう。
部屋の間取り図も用意してサイズを書き込みましょう。更にコンセントの場所も確認して間取り図に書き込んでおくと、家具や家電の配置を考える時に便利です。

■予算を決める
初めて賃貸アパートや賃貸マンションで一人暮らしをするときには、様々な出費があります。敷金や礼金などの他にも引越し費用やら何やらで、かなりお金を使ってしまいます。
そこで家具や家電を揃えるときには、「家具購入に使える金額」と「家電購入に使える金額」の総予算を決めておきましょう。
そして予算内で必要最低限なものから購入を決め、予算内で買えなかった物は諦めましょう。生活してやはり必要だと感じたら購入すればいいのです。

購入する時の注意点は、引越し先の賃貸アパートや賃貸マンションに近い家電量販店や家具屋さんで購入するということです。そして新居に直接搬入してもらいましょう。
引越し先に家電量販店がない場合には、ネットで購入することも出来ます。ネットでは性能も価格も簡単に比較することが出来るので便利です。
楽しみながら家具や家電を選んで、居心地のよい自分のお城にしましょう。

【関連リンク】

賃貸物件での初めての一人暮らしで家具と家電を揃える ページ上部へ戻る