部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 相場だけで決められない新築マンションか中古マンション

相場だけで決められない新築マンションか中古マンション

今は賃貸住まいだけど、いつかは、自分の家を持ちたいと目標を持っている人もいるのではないでしょうか。
賃貸住まいであれば、引越しで住環境を替えやすいというメリットもありますが、年齢と共に落ち着いた住まいを持ちたいと思う方も多くなるでしょう。
持ち家といっても、一戸建てがいい人、分譲マンションがいい人など色々いると思います。
想像するだけでも、幸せな気分になります。理想も膨らむのではないでしょうか。
一戸建てが欲しいと思っても、新築、建売、中古物件などで、価格相場は色々変わってきます。
分譲マンションも同じで、新築マンションもあれば、中古マンションも有り、悩むところでしょう。

■新築マンションのメリット
まず、設備が最新式であるため、住宅としての質が高いことが上げられます。
防犯設備もしっかりしているところが多いので、小さなお子様や女性も安心して生活できます。
税制面での優遇措置を受けやすく、住宅ローンの金利や条件が中古マンションより有利なケースが多く有ります。
立地も、比較的交通アクセスが良く、周りに商業施設が多いため買い物などに困らない事が多いようです。

■新築マンションの注意点
新築マンションの場合はどうしても価格相場が高くなります。
住宅ローンの組み方に注意しないと、毎日の出費を切り詰める事になり兼ねません。
更に、数年経つと、優遇されていた税金などが終了し支払が増える事を想定しておく必要があります。
生活費のやりくりが大変になり、想い描いていた生活が送れなくなってしまうかもしれません。
また、他の世帯もほぼ同時期に引越しするため、周りの住民がどのような人か事前に把握しづらい点があります。

■中古マンションも見てみよう
新築マンションを探していると、そのうち知識も付いて物件の見方もわかってきます。
そんな時は中古マンションにも視野を広げてみてはいかがでしょうか。
価格相場が新築マンション比べると低いため、その分リフォームに使えるかもしれません。
新築マンションと変わらない設備に近づける事も可能です。

■中古マンションの注意点
マンションの修繕費が高く請求されるケースがあるため、きちんと長期修繕計画が立てられているか確認しておく必要があるようです。
新築マンションですとペット可物件も多くありますが、中古マンションの場合、必ずしもそうではないようです。
中古マンションであっても、築年数の浅い物件の方が良いかもしれません。

【関連リンク】

相場だけで決められない新築マンションか中古マンション ページ上部へ戻る