部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件のメリットと注意点をまとめてみました

賃貸物件のメリットと注意点をまとめてみました

「賃貸」と聞くといろいろ思い浮かぶものがあります。
賃貸アパートや賃貸マンションなどいろいろ思い浮かびます。そのほか一戸建てや事務所、駐車場、土地や倉庫なども賃貸物件としてお探し出来ます。
住居以外も含めると「賃貸」とつくものはいろいろとあるようです。
今回は賃貸アパートや賃貸マンションのそれぞれのメリットと注意点をまとめました。

■賃貸アパートのメリットと注意点
賃貸アパートは木造または軽量鉄骨造で建築されている事が多いようです。
木造や軽量鉄骨造は建築コストをおさえることができます。
木造の場合は自然界のものが材料なので、木が呼吸し適度な湿度調整をしてくれます。
注意点としては、構造的に鉄筋コンクリート造などに比べ防音性は低くなるようです。
同様に鉄筋コンクリート造と比べ機密性が低いため、夏場の冷房や冬場の暖房などの光熱費が増える事もあるようです。

■賃貸マンションのメリットと注意点
賃貸マンションは鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造などで建築されています。
遮音性に優れ、近隣の生活音や自分が暮らしていても音に気にすることなく生活できます。
耐震性や防火などの安全性にも優れています。賃貸マンションの中には防犯カメラやオートロックなど防犯を強化している物件が多い傾向です。
注意点としては、賃貸アパートに比べ機密性に優れているが湿気が多く、カビなどが繁殖しやすいといわれています。
そのほか賃貸アパーに比べ賃貸マンションのほうが家賃設定は高い傾向です。

■分譲賃貸マンションのメリットと注意点
マンションを購入した所有者が、購入したマンションの1室を賃貸として募集する事もあります。このような物件を分譲賃貸マンションと言います。
建築構造などはしっかりと建築されており、そのほか外観やエントランスなど見た目から豪華に見えます。
市場調査によって調べ上げた立地環境なので、商業施設や交通の利便性などはとても便利な環境といえます。
分譲賃貸マンションは物件数が少ないこともいえます。
特にファミリー向けの2LDKや3LDKは多くないようで、物件によっては住む期間が一定期間や期限が決まっている事もあるようです。
1K等の間取りは賃貸を目的として購入するケースもあるようですが、ファミリー向けは自分達が住む為に購入する事が多いので、不在の間だけ賃貸するという事もあるようです。

以上賃貸アパートと賃貸マンションのメリットと注意点を一部まとめて紹介しました。
これを参考に自分にあったライフスタイルで暮らしてみてはいかがですか。

【関連リンク】

賃貸物件のメリットと注意点をまとめてみました ページ上部へ戻る