部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 子育てに力を入れている総社市で賃貸物件を借りる魅力

子育てに力を入れている総社市で賃貸物件を借りる魅力

岡山県総社市は岡山県の南西部に位置します。岡山市と倉敷市に隣接した人口約68000人の街です。
総社市は瀬戸内海特有の温暖な気候で、年間平均気温が16.5度前後で雨量は年間1000mmと温暖で過ごしやすい地域です。
総社市では子育てに力を入れており「子育て王国そうじゃ」を標榜し、様々な取り組みを行っています。
子育てをしている方の中には、住環境や子育て支援などで、今住んでいる地域での子育てに不満を感じている方もいるでしょう。
そこで、子育てに力を入れている総社市に賃貸物件に移り住んで子育てをした場合のメリットを挙げてみます。

■「子育て王国そうじゃ」
総社市は子育てのあらゆる分野で岡山県ナンバーワンを目指しています。小児科医や大学教授や大学生、農業後継者やNPOなどが集まり「子育て王国応援団」も結成されました。
まち全体で子供の育ちを支え合う子育て支援に積極的に関わり、様々な取り組みをしています。「子育て王国そうじゃ基金」も創設され、子育て支援事業に活用されています。

■小児医療費助成
総社市には、市に住んでいる小児に対する医療費の助成制度があります。小学生までのお子さんは入院と外来の医療費を市が負担してくれます。
そして中学生までのお子さんに対しても、入院のみですが医療費を負担してくれるのです。
具合が悪くなったとしても、無料で医療機関の診察を受けることが出来るこの制度は、子育ての力強い見方です。

■教育
総社市では平成26年4月から、世界へ羽ばたくグローバルな人材を育てるために「英語特区」が始まりました。
市内の二つの幼稚園と二つの小学校、そして一つの中学校が対象になっています。その対象の幼稚園と学校が連携し、一貫性のある特別な英語教育を行います。
国際的視野を身に付け、コミュニケーション能力に優れた人材を育成することが狙いです。
学年によってカリキュラムは違いますが、経験豊富な外国人指導助手による、少人数指導や個に応じた英語のレッスンを受けることが出来ます。

■食
総社市では学校給食に積極的に市内産の野菜を使用しています。市内産と県内産を最優先で使用しており、季節的に困難な食材につき他地域の野菜を使用するようです。
このため地元の新鮮で安全安心な食材を多く使っているので、子供に安心して食べさせることが出来ます。
また他地域の食材の産地は、市のHP上で確認出来るようになっています。情報が開示されているので食に対する不安は少ないでしょう。

総社市はこのように教育も医療も、食に関しても安心して子育てが出来る環境です。また自然が豊かで地域のふれあいが充実しているので、のびのびと子供を育てることが出来ます。
こんな総社市で賃貸アパートや賃貸マンションに住んでの子育ては、他地域にはない魅力があります。
その為か、賃貸アパートや賃貸マンションもファミリー向けの間取りの物件が多いようです。一度総社市を訪れて、自分の目で総社市の魅力を確かめてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

子育てに力を入れている総社市で賃貸物件を借りる魅力 ページ上部へ戻る