部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 東京都内で賃貸物件を借りて一人暮らしをする

東京都内で賃貸物件を借りて一人暮らしをする

一人暮らしをする人の多くは、地元から離れて東京で新生活を始めるそうです。
今の時期、引越し作業に大忙しの人がたくさんいるのではないでしょうか。
一人暮らしの引越しは荷物が少ないから簡単だと油断している人がいます。
しかし、引越し後の荷ほどきは自分だけで行わなければいけない人も多いです。
その為、片付け方が分からずに時間がかかる人も少なくありません。
都内にはおしゃれな物がたくさん揃っているので、お買い物をするのが楽しくなるはずです。
ですので、引越しの際に持ってくる荷物は最小限にするようにしましょう。

■一人暮らしの賃貸物件
冒頭でも書いた通り、東京にはおしゃれで可愛いものが購入出来るお店がたくさんあります。その為、荷物は出来るだけ少なくまとめるようにすることをオススメします。
しかし、荷物を最小限に抑えたほうがいい理由は他にもあります。
まず上げられるのは、収納スペースです。一人暮らしの収納スペースはそこまで広くはありません。
収納スペースに入りきらなかった時は、別途で収納ボックスなどを購入しなければいけなくなります。余計な出費が増えるので、経済的ではありません。
中には、収納ボックスを買うことが勿体ないと感じる人います。そのような人は、床に洋服などを直接置いて重ねていくそうです。
それでは部屋が狭くなってしまい、掃除をするときも大変になります。目に見えないホコリも溜まっていくので、衛生的によくないでしょう。
なかなか部屋の整理整頓をすることはないので、引越しを機にいらない物は捨てて気持ちよく一人暮らしを始めましょう。

■都内で賃貸物件探し
都内で賃貸物件探しをしたとき、どのような点に注意しましたか。
色々チェックポイントはあると思いますが、今回はお部屋の中で気をつけて見てもらいたい点をご紹介します。
まずはキッチンです。一人暮らし向けの賃貸物件は、コンロが一口しか設置されていないケースが多くなります。
しかし、一人暮らしをすると自炊をする人が多いそうです。ですので、コンロが二口ある賃貸物件がオススメです。
コンロが二口あると、同時に別の料理を作ることが出来ます。時間の短縮に繋がるので、忙しい一人暮らしの人は助かるでしょう。
また、トイレと浴槽が別々のお部屋を選ぶと、ゆっくりお風呂に入ることが出来ます。女性は半身浴をする為、長風呂の人が多いそうです。
トイレと浴槽が一緒だと家賃が安くなるケースが一般的ですが、女性の人は別々の賃貸物件を借りた方がいいでしょう。
都内にはたくさんの賃貸物件があるので、まずはインターネットで情報を得てからお部屋探してみて下さい。

【関連リンク】

東京都内で賃貸物件を借りて一人暮らしをする ページ上部へ戻る