部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 東京で暮らす家探しの利点と注意点について

東京で暮らす家探しの利点と注意点について

大都会東京に憧れ、卒業と同時に東京に引越しされてきた人も居るでしょう。
広い東京でどこに住むか迷った人も多いのではないでしょうか。
漠然と東京に住むと言っても、まずどこに住むか場所選びが大事になってきます。
家探しは簡単なようで実は大変です。また、家探しをどのように調べたらいいのか迷う方も多いようです。
不動産会社に直接相談する方や、今は賃貸物件探しをインターネットで検索することもできます。
その他に、大家さんと知り合いといった紹介などもあります。
ここでは、東京で暮らすための家探しのポイントについて紹介します。

■インターネットでの家探しのポイント
スマートフォンの普及もあり、手軽に何処にいてもインターネットですぐ検索ができる環境にあります。
また、物件探しサイトも数多く存在し、キーワードを打ち込むだけで、すぐ検索ができるので空いている時間にすぐ調べられるのは便利です。
注意点としては、インターネットだけの情報では全てが分からないということが出てきます。
間取や家賃、立地、環境の情報はわかりますが、なかなかイメージがつきにくいところです。
賃貸物件の外観や内観の画像がある賃貸物件のサイトもありますが、全てではありません。
そのため、インターネットの情報だけにせず自分の目で確かめるといったことがとても重要になってきます。
だから、インターネットの情報は慎重に選んでいかなければなりません。

■不動産会社での家探しのポイント
家探しと言えば、不動産会社を利用するのは今も昔も変わっていません。自分が住みたい地域の不動産会社に相談することで、自分にあった家探しを手伝ってくれます。
数も知識も膨大なので、親身に相談にのってくれるのは嬉しい利点ですが、遠方からの物件探しは、交通費や時間などの問題点があるため、時間がない人には厳しいと思われます。
そのため、時間がありゆっくり家探しをできる方は何度も不動会社に相談することができます。

■大家さんと知人の紹介でのポイント
大家さんと知り合いもしくは紹介などで賃貸物件を選ぶ方もいます。
大家さんと直接相談しているので、入居時の敷金、礼金などの費用を抑えられるといった場合もあります。
しかし、金銭面で利点がある分、立地や環境などを自分では選べないというのが難点かもしれません。
通勤、通学などが賃貸物件から遠いところであれば、交通費がかかる場合もあります。
いくら家賃が安くても交通費で出費がかさむこともあるので、家賃だけを優先しないようにしましょう。
そのため、一度や二度の相談で賃貸物件を決めてしまわず、後悔のないように決めてほしいものです。

【関連リンク】

東京で暮らす家探しの利点と注意点について ページ上部へ戻る