部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 敷金と礼金についての簡単な知識と注意すること

敷金と礼金についての簡単な知識と注意すること

これからお部屋を借りようと思っている方で、まったくお部屋を借りたことのない方もいるのではないでしょうか。
そんなはじめてお部屋を借りるという方に、「敷金」と「礼金」について説明したいと思います。

■敷金について
敷金というのは、借りるときの担保金の意味があり、通常は賃貸借契約時に支払います。
家賃を滞納してしまった場合や、引っ越し時に部屋を汚したり壊したりした場合にこの敷金から修繕費に当てられます。
何も問題がなかった場合、退去時この敷金は戻ってくるお金となっています。
部屋を貸す側も、貸す人がどんな人かわからないので不安です。
敷金という保険をかけることで、安心して貸すことができる仕組みとなっています。

■礼金について
礼金とは、部屋を貸してくれた人(大家さん)に対して払うお礼のお金です。
このお金は戻ってこないお金となります。
最近の賃貸は礼金が必要ないところも増えてきています。
しかし礼金が0円の代わりに、一定期間内に退去すると違約金が掛かるケースがあります。

【違約金とは】
礼金をサービスする代わりに一定期間は住んで貰いたいという大家さんの希望があります。その期間内に退去した場合に違約金が掛かる事があります。

■原状回復について
賃貸を借りている人は退去する時に、お部屋を借りたときの状態に戻さなくてはいけない義務があります。
しかし、普通に生活することでできた自然磨耗は負担する必要はありません。
修復はあくまで、故意や過失による汚れや破損が対象です。

【借主に負担の義務がないもの】
テレビや冷蔵庫を置いて黒ずんでしまった壁紙
畳やカーペットなどのやわらかい床にできた家具のへこみ

【借主に負担の義務があるもの】
借主が手入れを怠ったために生じた汚れの清掃には修繕費がかかります。
油汚れやススが付着してしまった台所の汚れ
飲み物などをこぼしたことによってできたしみやカビ
家具の移動時についてしまった床のキズ

ペットの飼育によってできた柱などのキズなど

はじめてお部屋を借りたひとはどこまでを負担しなければいけないのか、不鮮明な部分もあると思います。
そういったときは、貸主の大家さんか不動産屋に確認しておいた方が良いでしょう。
そして気配りをしながら住むことによって、きれいな状態を維持することもできるでしょう。
きれいな状態で住むことができれば、退去時に戻ってくる敷金の金額も多いはずです。
また、貸してくれる側とのトラブルも起きる可能性は低くなります。

【関連リンク】

敷金と礼金についての簡単な知識と注意すること ページ上部へ戻る