部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパートマンションを契約した際に支払う仲介手数料とは

アパートマンションを契約した際に支払う仲介手数料とは

新生活は楽しみなことも多い反面、心配になるのが金銭面です。
アパートマンション探しをしていると交通費もかかりますし、敷金礼金などの契約費用も必要になってきます。
その他、引っ越し費用や家具家電を購入する費用など、新生活を始める際には大きな出費が続くものです。
そのため、アパートマンション探しをする際には、できるだけ低い金額に抑えたいと考えるのは当然の心理です。
それに加え、賃貸のアパートマンションの契約においてトラブルも起こっているのが現状です。
その理由として、借りる側の私たちが契約費用や内容についてきちんと理解していないというのが一つです。

■賃貸アパートマンションの契約費用についてきちんと理解しよう
契約費用の中には、敷金や礼金の他にもさまざまな項目があります。
不動産会社や不動産仲介業者を利用した際には、仲介手数料がかかります。
仲介手数料とは、不動産会社などの業者を介して不動産を借りたり購入したりした際に発生する手数料のことです。
不動産会社や不動産仲介業者が不動産の紹介や斡旋を行い、契約が成立した際には、その報酬として仲介手数料を受け取ることができるのです。
なかでも宅建の資格を持っている業者のみが、この仲介手数料を請求することが可能です。
では、仲介手数料の金額はどのように決められているのでしょうか。
仲介手数料の金額の条件が、宅建業法によって決められています。
その範囲内でしたら不動産の仲介を行う業者が自由に金額を定めることができますが、不動産会社や不動産仲介業者にとってはこのお金が利益となるために、最大限度額を請求することが一般的になっています。
賃貸不動産の場合であれば、上限金額は家賃の一か月分にその消費税を加えた金額が上限となっています。
貸主と借主がこの仲介手数料を折半して支払うことになります。
さらに、両者が支払う金額の割合ですが、宅建業法では借主の承諾があれば全額借主が負担することも可能であると定めています。
賃貸のアパートやマンションを契約する際には、サインをする前に契約書類をきちんと確認してみてください。
難しい言葉で書かれていますが、「○○円を仲介手数料として支払うことを承諾しました」という内容の文言が書かれているはずです。

■アパートマンション探しの方法
不動産会社や不動産仲介業者によっては、仲介手数料が半額ということを売りにしていることもあります。
上限金額である家賃の一か月分とその消費税を請求しているところもあります。
しかしながら、仲介手数料を無料や半額にしてくれる会社のみが良い会社とは限りません。
きちんと仕事をしてくれる不動産会社や信頼してお部屋探しを任せられる業者を選ぶことが一番重要なことです。

【関連リンク】

アパートマンションを契約した際に支払う仲介手数料とは ページ上部へ戻る