部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパートやマンションなど賃貸取引について学ぶ「仲介手数料」

アパートやマンションなど賃貸取引について学ぶ「仲介手数料」

アパートやマンション、一戸建てなどの賃貸物件を借りる際には、さまざまな数字が並び、混乱してしまうという人も多いのではないでしょうか。
賃貸物件を契約する際には、宅建の資格を持ったスタッフがきちんと説明してくれますが、基本的な内容を理解していない人にとっては大変難しいものに感じてしまいます。
信頼できる不動産会社であれば、騙されて悪質な取引をさせられる心配はないかもしれませんが、基本的によく分からないまま契約書にサインしてしまうのは、大変危険なことです。
一度にたくさんのことを覚えるのは大変ですので、少しずつ知識を増やしていきましょう。

■アパートやマンションの契約手数料の表示方法
アパートやマンションなどの賃貸物件を探していると、家賃の他に敷金や礼金などの契約費用が明記されています。
しかしながら、仲介手数料が大きく書かれている場合はあまりありません。
そもそも仲介手数料とは、不動産のオーナーと不動産を探している人の間を取り持つ業者に支払うお金です。
不動産のオーナーは借手や購入者を見つけてくれたお礼として、借主は不動産を紹介してくれたお礼として、業者に仲介手数料を支払います。
仲介手数料の金額が明記されていない場合は、直接不動産会社や仲介業者に確認しても良いでしょう。
しかし、賃貸物件の情報をみると、必ずどこかに「貸主」「代理」「媒介」と書かれているはずです。
「媒介」と書かれているならば、必ず仲介手数料が発生します。
仲介手数料は、取引した賃貸物件の家賃一か月分に消費税を加えた金額が上限と定められていますので、その程度見積もっていけば安心です。

■賃貸アパートやマンションの取引形態
では、「貸主」「代理」「媒介」とは、それぞれどういうものなのでしょうか。
これらは、賃貸の不動産を取引する際の形態です。
「貸主」と書かれている場合は、その不動産のオーナー自身が建物を直接貸し出している場合で、仲介手数料は発生しません。
「代理」は、貸主の代理であるという意味です。
貸主に代わって入居者を募集し不動産取引をします。
基本的に仲介手数料は必要ですが、これは貸主と貸主に代わる者の間で決定できます。
「媒介」という表記が一番見かけることの多い取引形態です。
貸主と不動産を探している人の間を取り持って取引するのが媒介で、仲介とも言われます。
媒介もしくは仲介では、必ず仲介手数料が発生します。

このような知識を持っていることによって、賃貸のアパートやマンションの契約がスムーズに進行します。
安心して契約するためにも、少しずつ知識を増やしてきましょう。

【関連リンク】

アパートやマンションなど賃貸取引について学ぶ「仲介手数料」 ページ上部へ戻る