部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしの老人は孤立しないような環境を心がけよう

一人暮らしの老人は孤立しないような環境を心がけよう

一人暮らしをしている老人は全国にたくさんいます。
生涯独身の人やパートナーが亡くなってしまった人など、何らかの事情があって一人暮らしをしているケースがみられます。
その中には定年退職をしたなどの理由で、仕事をしていない人もいます。
親族がいても遠くに住んでいたり、事情があって疎遠になっていたりして寂しい生活を送っている老人もいます。
また、地域社会と関係を持ちたくないと考える人も多く、孤立してしまう老人もいます。
人とのコミュニケーションを絶ち、家に引きこもってしまうと痴呆症などの病気にかかる可能性もあります。
そんな状態にならない為に、老人が一人暮らしをする場合に気をつけるポイントを紹介したいと思います。

■一人暮らしの老人専用の施設
高齢者が住む老人ホームや施設を紹介しているサイトがあります。
このサイトではサービス付きの高齢者住宅やシニア向け分譲マンション、有料老人ホームなどのさまざまな施設を紹介しています。
また、有料老人ホームなどの施設に入る時にかかる費用や資料請求から入居までの流れも紹介しています。
一人暮らしをする老人にとって、分かりやすく紹介しているので為になるでしょう。
お金はかかりますが、普通の賃貸マンションやアパートで生活するより良いと言われています。
高齢者ばかりが集っているので設備も整っていますし、介護をしてくれるメリットもあります。
自分1人ではなく、他の人と生活を共にするのですから友達ができるかもしれません。
静かな空間で生活するより、多くの人と関わりを持ちながら生活をすることで楽しみも出てきます。
みんなで楽しく生活できる空間が老人にとって良い環境と言えるでしょう。

■一人暮らしの老人専用の物件
施設などの他に高齢者向けの賃貸物件を紹介しているサイトもあります。
このサイトでは高齢者専用物件と名づけられており、バリアフリーや緊急時対応サービス、その他の安全な設備などが充実した物件を紹介しています。
地区ごとに紹介していますが高齢者専用物件は件数が少ないので、入所できる倍率も高いものになっています。
高齢者専用物件に住む場合は、地域住民と関わりを持つことで孤立する環境から脱会することができます。
部屋に引きこもってしまうことがないように、自分で心がけることも大切です。

老人の中には人と関わりを持ちたくないという人もいるでしょう。
その場合は無理に交流を持つのではなく、夢中になれる趣味を見つけたり、散歩に出かけたりして生活にメリハリをつけましょう。
一人でもできる楽しみを見つけることも大事です。

【関連リンク】

一人暮らしの老人は孤立しないような環境を心がけよう ページ上部へ戻る