1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 家を借りたいと思ったら始める賃貸物件探しの手順
このエントリーをはてなブックマークに追加

家を借りたいと思ったら始める賃貸物件探しの手順

借りたい、この言葉からあなたは何を借りようと思いますか。
お金を、と思う人もいるかもしれませんが、賃貸物件を借りたいと思ったら、という事に限定して考えてみたいと思います。
個人で好きな地域の賃貸物件を借りたいか、転勤や進学などで決まった土地で賃貸物件を借りたいかで若干の違いは有りますが一般的な手順をあげたいと思います。

借りたい物件探しの前に決めること

一番先に予算を立てますが、賃貸料に当てる金額は一般的には月収の3分の1までが理想と言われています。
それ以上に無理をしても賃貸料が日々の生活を圧迫する恐れがあるからです。
契約に必要な金額も念頭におく必要が有ります、1ヶ月の賃貸料金の約6ヶ月分が必要という声がありますからそのくらい準備ができたら安心です。
内訳は敷金2ヶ月、礼金1ヶ月、前家賃1ヶ月、仲介料1ヶ月、その他に保険や鍵の交換代、退去時の清掃料などが必要となる場合もあります。
敷金、礼金は借りる物件ごとに若干の違いがあり、敷金、礼金ゼロという物件も中にはあります。
引越しの時期を目安に賃貸物件探しを開始する前に優先順位を決めましょう。
絶対譲れない条件と場合によっては譲歩できる部分をしっかり決めておくのが希望物件を借りる為には必要です。

借りたい物件探しに便利なインターネット

おおよその予定が決まったら本格的に賃貸物件探しのスタートです。
その際に便利なのがインターネットです、最近の不動産会社はほぼインターネット上に賃貸物件の情報をあげています。
自分が住みたい場所、移転先などの地域名からの借りたいと思う物件の検索が簡単にできます。
予算、間取り、設備、セキュリティ、駅からの徒歩時間などなど詳細に渡って検索することが出来ますから希望の項目をチェックしたら検索開始です。
検索後、該当物件が無かったら譲歩できるところからチェックを外して検索していきましょう。
おおよその物件が決まったら他の不動産会社から同じ物件が出ていないかも検索してみます、入居時の条件に違いがある場合があります。
物件を何件かに絞り込んだら不動産会社に内見の依頼をするのですがネットから、あるいは電話でも可能です。
内見にいく時はメジャーとカメラ、メモの持参をお勧めします。
複数件見に行くと物件の中を混在してしまうことがあるからです、また寸法を測ることで持っていく家具の置き場のレイアウトを予想で気安くなります。
周りの環境、駅からの徒歩時間、スーパーなどの営業時間、夜の街灯などのチェックも忘れないようにしましょう。

以上が借りたい物件探しの簡単な手順になります。
3月から4月は空室が多く出ますが埋まるのも早いですから日にちには余裕を持って物件探しを始めることで希望に合った物件を借りることが出来るかと思います。
早い時期なら借りたいという物件が無くても希望を不動産会社に知らせておくことで情報をもらえることもありますから良い不動産会社を選ぶことも大事なことです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

家を借りたいと思ったら始める賃貸物件探しの手順 ページ上部へ戻る