1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 世帯に合った物件探しのおすすめポイントを知ろう
このエントリーをはてなブックマークに追加

世帯に合った物件探しのおすすめポイントを知ろう

賃貸物件を探す場合、重要視する条件は人によって違います。
一般的には家賃や立地、間取りを第一に考えるでしょう。
それから、こだわりの設備や仕様も条件に含めて物件探しをすることになります。
物件探しはシングル、カップル、ファミリーなど世帯によって選択する物件が違うものです。
それぞれの家庭にあった物件探しをする為のおすすめポイントを紹介したいと思います。

シングル向けの物件探しおすすめ

シングル向けの物件はワンルームや1Kタイプがあります。
ワンルームはひとつの部屋にキッチンがあり、扉で仕切られていないタイプの部屋のことを言います。
昼夜問わず仕事をしているなどの理由で忙しい、寝るだけの為に使うという人に良いでしょう。
1Kはひとつの部屋にキッチンがあり、扉で仕切られているタイプの部屋のことを言います。
キッチンスペースと居住スペースを別々にしたい人におすすめの部屋です。
ゆっくり料理をしたい人にも良い造りになっています。
男性など洋服を収納する為のケースやたんすを持っていない人が多くいると思います。
クローゼットなどの収納スペースがついている部屋を選ぶことで、すっきり収納することができるでしょう。
女性の多くは独立洗面台を好むと思います。
ゆっくり身支度することができ、利便性があります。
女性の一人暮らしは防犯対策の設備がついている物件をおすすめします。
防犯カメラやテレビモニター付きインターフォン、オートロックなどの設備があれば安心でしょう。

カップル向けの物件探しおすすめ

カップル向けには1部屋から2部屋の間取りが必要になります。
2部屋あれば、広い居住スペースが生まれるので自分だけの時間も作れるでしょう。
将来、結婚して子どもが産まれた場合でも暮らせるスペースは作れます。
バス、トイレは別の方が良いです。
1人がお風呂に入っている間に、気兼ねなくトイレを使用することができます。
2人だと衣服などの量が多いと思います。
クローゼットやシューズボックスなどの収納スペースが備わっていれば、綺麗に収納することができ、見栄えも良くなります。
2人暮らしだと洗濯物は多くなります。
バルコニーなど洗濯物を干す場所がある物件を選ぶこともおすすめします。

ファミリー向け物件探しおすすめ

子どもがいるファミリーは2部屋から3部屋、また、それ以上の部屋数を必要とするでしょう。
部屋数があれば子ども部屋を作ることができます。
小さなお子さんなら部屋を走り回ることもあると思います。
広いスペースを与えてあげることで、子どもと遊べる時間も作れるでしょう。
お風呂の追い炊き機能がついていれば、家族全員温かいお風呂に入ることができます。

世帯に合った物件探しのおすすめポイントを知ろう ページ上部へ戻る