部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 敷金と保証会社との違いを把握しアパートを探してみよう

敷金と保証会社との違いを把握しアパートを探してみよう

これからアパートを借りようと探している人なら、誰もが聞いたことがあるかもしれません。
アパートを借りる時の初期費用。
この初期費用の中には、「敷金」が含まれます。
アパートを探す場合、多数ある不動産会社の中から賃貸アパートを探すことが多いと思います。
最近では、気軽に利用できるインターネットだったり、住宅情報誌だったりと便利なツールが増えました。
便利なツールを使って、情報を沢山集めてみましょう。
まず、アパートを借りる地域を選択します。
地域が決まったら、次は自分の予算と条件を指定することができます。
その中にも、敷金のチェック項目がある場合もあります。
では、この敷金とは一体何なのでしょうか。

■敷金とは
アパートを借りる場合、初期費用が発生します。
その中の一つが、敷金です。
この敷金は、入居する前に大家さんへ預ける費用のことです。
一般的には、家賃の0ヶ月から2ヶ月分と言われており、契約する時に支払います。
基本的には、退去時に返還される費用です。

■どうして預けるの?
敷金を預ける理由は、家賃の滞納や退去時を考えてのことです。
つまり、キレイで住める状態のアパートを貸してもらうので、退去する時には、元通りに近い状態で返しましょうというわけです。
原状とより近い回復をするための、修繕費用に当てられます。
また、家賃を支払えなくなった場合は、預けたお金から家賃を差し引くこともあります。
もちろん、キレイに利用していて補修もなく、家賃もきちんと支払っていれば退去時には返還されます。

最近では、この敷金の代わりに保証会社を利用する不動産会社も増えてきました。
この保証会社に加入すると、家賃を滞納した場合、一時的に立替えてくれる役割を持っています。
ですから、アパートを借りる側も貸す側も安心した契約を結ぶことができるのではないでしょうか。
アパート探しで敷金0円の場合は、保証会社を利用することが多いです。
ちなみに、立替えてくれるだけで、支払わなくても良いというわけではないのでしっかりと内容を把握しましょう。

アパートを借りる目的は、自分が暮らすためです。
ですから、貸す側にすれば、大切に使ってくれそうな人に貸したいと思っています。
大切に使うことで、退去時には敷金が返還されれば出費を抑えることもできます。
敷金と保証会社、目的は似ていますが性質は異なります。
どちらのタイプが自分に合っているか考えてみると、納得してアパートを借りることができるのではないでしょうか。

【関連リンク】

敷金と保証会社との違いを把握しアパートを探してみよう ページ上部へ戻る