部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパートの家賃が安い理由を知って賃貸物件探しの参考に

アパートの家賃が安い理由を知って賃貸物件探しの参考に

春になると進学や就職で引越しをしたり一人暮らしを始めたりする人が増えてきます。
そのときには新しく住み始める賃貸物件を探さなくてはいけません。
賃貸物件といっても、アパートやマンション、そして一戸建てなどがあります。
一人暮らしを始めるときには、アパートやマンションからお部屋探しをしていくと思いますが、どちらを選ぶでしょうか。
アパートはマンションに比べ劣っている、古くて汚いと思っている方もきっと多いでしょう。
まずアパートとマンションの違いは、法律などでは定められていないということをご存知ですか。
不動産会社などが、主に構造などで区別をしているだけということになっています。
アパートは木造や軽量鉄骨造、マンションは鉄筋コンクリート造や鉄骨造で建てられています。
まずはアパートとマンションの違いを知って、賃貸物件を探す際の参考にしてみませんか。

■アパートの家賃が安い理由
アパートとマンションの違いは構造にありますが、まずこの構造が大きく家賃に影響してきます。
木造などに比べると鉄筋コンクリート造は建設コストが高く、家賃にもそれが反映されています。
また、マンションは駅前などの便利な地域に建っていることが多く、人気もあります。
駅前のような便利で快適に生活が出来る地域に住みたいという人はたくさんいますので、家賃が多少高くても入居する人は後を絶たないでしょう。
アパートはそれに比べると比較的郊外の、静かな場所に建っています。
もちろん静かな場所は住環境として非常にいいのですが、利便性を考えるといまいちということもあります。
そのため地価なども都心などに比べると安いことが多く、家賃にもあまり影響がありません。

そしてアパートというと古くて汚いというイメージを持っている方も多いでしょう。
確かに色々なアパートがありますから、そういったアパートがないわけではありません。
ですが最近では新築のアパートのほかにも、リノベーションやリフォームを済ませているアパートが増えてきています。
そういったアパートでも、マンションに比べると家賃は安いことが多いです。
きれいで新しい設備が付いていても、マンションより安い家賃で暮らしていくことがアパートでは可能になります。
もちろんもっと安い家賃のアパートを探したいというときには、築年数も古めの物件を探しましょう。
そうすることでさらに安い家賃のアパートに出会うことができるようになります。

アパートの家賃が安い理由を知って、賃貸物件探しの参考にしてみましょう。
きれいで新しいアパートでも安い家賃で住むことが出来るかもしれません。

【関連リンク】

アパートの家賃が安い理由を知って賃貸物件探しの参考に ページ上部へ戻る