部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. アパート契約をするときに礼金敷金とはどんなものでしょう

アパート契約をするときに礼金敷金とはどんなものでしょう

お部屋探しは人それぞれ条件が違うので、十人十色だと思います。
賃貸物件を探すときは、時間と労力がかかります。
引っ越しが決まっているのなら、早めに準備をする必要があります。
賃貸物件はいつも同じ動きをしているわけではないのです。
特に賃貸物件が豊富に動く時期があります。
一般的には1月から3月となっています。
この時期になると、進学や転勤で移動する方が多いからです。
それに地元でも親元から、離れて一人暮らしをする人もいるでしょう。
そのような、時期に賃貸の流れを見ることができます。
インターネットを活用して見た事があるでしょうか。
インターネットの賃貸情報を見ると、空き状況や退去時の予定まで見ることができます。
賃貸の種類もあります。
アパートやマンションを探している人もいるでしょう。
条件を絞って検索をしていくと、より情報を細かく見ることができます。
自分の住みたい物件が決まったら、不動産にいって手続きの書類を書きます。
その時に、書類の説明があるので時間には余裕を持っていきましょう。

■礼金
アパートを契約するときには、礼金があります。
礼金とは大家さんに対して、お部屋を貸してくれてありがとうと云う意味で礼金が発生します。
昔からある慣習的なものもようです。
しかし、近年では礼金が0円という物件も増えつつあります。

■敷金
敷金とは最初に不動産に預けるお金となります。
敷金は退去をするときに、お部屋などの原状回復に必要なのです。
この敷金で修理を負担したりします。
例えば、壁紙にいろんな物を飾るのに穴を開けてしまったなど事があります。
押入れに物を詰め過ぎて、カビを発生させてしまうなどがあげられるでしょう。
過失でお部屋を汚したり傷つけたりした場合は、敷金から差し引いたものが返金となって返ってくることがあります。

最近は、敷金0円という物件もあります。
最初の費用としては、準備する必要がありません。
ですが、退去するときは原状回復にかかる修理費が求められます。
退去するときに出費が出るのか不安になりますが、不動産に確認してみましょう。

■暮らし方
敷金を預けた場合、なるべくたくさん手元に戻ってきたいものです。
まずは、契約するときによく隅々まで読む必要があります。
自分が退去するときに、原状回復を求められる責任を負う必要がどの程度なのかを知っておきましょう。
賃貸だからといって掃除を怠りがちになると、みるみるうちに汚くなってきます。
ちょっとした気遣いによって、お部屋を綺麗に保つことにつながっていきます。
そのため、少しでも敷金が返ってくる可能性があります。

【関連リンク】

アパート契約をするときに礼金敷金とはどんなものでしょう ページ上部へ戻る