1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 分譲と賃貸があるマンションはどちらを選べばいいの
このエントリーをはてなブックマークに追加

分譲と賃貸があるマンションはどちらを選べばいいの

マンションに住みたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
マンションに住みたいと考えたとき、賃貸にするかそれとも分譲マンションを購入しようか迷うかもしれません。
賃貸マンションと分譲マンションそれぞれのメリットを調べてみましょう。

賃貸マンションのメリット

賃貸マンションに住むメリットとは何でしょうか。
賃貸マンションに住んだ場合、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるでしょう。
家族が増えて手狭になった場合や、仕事の都合で住む事が難しくなった場合、賃貸物件であれば自由に引越しする事が可能です。
転勤が多い人は賃貸に長く住む傾向にあります。
賃貸マンションに住めば、マンションを購入した場合と比べ月々の費用も違ってきます。
賃貸マンションであれば家賃と管理費の支払いだけが一般的ではないでしょうか。
マンションを購入すれば家賃の支払いはないものの、住宅ローンの支払いの他に管理費や修繕積立金の費用も必要になります。
さらに毎年固定資産税の支払いもあります。
ライフスタイルの変化が考えられる場合は賃貸マンションのほうが良いでしょう。

分譲マンションのメリット

分譲マンションのメリットは自分の持ち家になるということでしょう。
自分が購入した住まいですから、内装などは自分好みに自由にリフォームする事が可能です。
また自分の資産として残ると言うのも分譲マンションの魅力です。
住宅ローンの支払いは負担になるかもしれません。しかしローンの支払いを終えれば毎月の費用も軽減されます。
資産として残らない賃貸マンションに毎月支払いするより、自分の資産にするために毎月ローンの支払いをしたほうが良いと考える事もできるでしょう。
分譲マンションは設備の面でも魅力があります。
賃貸マンションでは収益性に重点が置かれているので同じ企画になりがちです。しかし分譲マンションは一生の住まいとして購入する人がほとんどです。設備や構造は賃貸マンションに比べてグレードが高いと言えるでしょう。

最近では分譲マンションが賃貸物件として出ている場合もあります。好立地で豪華な設備の分譲賃貸マンションは人気があります。
分譲賃貸マンションは物件数が少ないにもかかわらず、借りたい人の数が多いため探し出すのは難しいようです。
インターネットを使って探してみたり、分譲マンションの建設を行っている会社に問い合わせしたりするのも良いでしょう。
賃貸マンションと分譲マンションにはそれぞれメリットやデメリットがあります。
自分たちのライフスタイルを考えて賃貸か分譲か考えてみましょう。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

分譲と賃貸があるマンションはどちらを選べばいいの ページ上部へ戻る